カテゴリ:自然の風景( 398 )

雨☔️くるぞー

e0206242_153541.jpg

e0206242_1535429.jpg

e0206242_1535514.jpg


第1試合が始まる前から洗濯開始、干し終え試合終了後、
即、買い物に出ました。ささっと済ませて空を見たら、青空も見えるが、
重く黒い雲、時々雷、大嫌いな雷だ、洗濯物を取り込まなきゃならないし、
急ぎました。危機一髪、間に合いました。程なく雷雨になりました。
まあ、夏らしいと言えば夏らしい、この蒸し暑さには有難いお湿りと、
無事室内に逃れたから言えることでしようね。





[PR]
by kkagayaki2 | 2018-08-13 15:03 | 自然の風景

8月10日

e0206242_16432899.jpg

e0206242_16432827.jpg

e0206242_16432811.jpg

e0206242_16432810.jpg

e0206242_16432842.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ


[PR]
by kkagayaki2 | 2018-08-11 16:43 | 自然の風景

e0206242_831449.jpg

e0206242_831427.jpg
千葉、茨城、東北の太平洋沿岸はまた台風の影響を受けています。
大きな被害が出ないといいのですが。
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kkagayaki2 | 2018-08-09 08:03 | 自然の風景

月曜、火曜、水曜日の空

e0206242_1954173.jpg
8月6日(月)

e0206242_1954160.jpg

e0206242_1954279.jpg
8月7日(火)
e0206242_1954286.jpg
本日、8月8日(水)
いよいよですね。かなり早目に帰宅しました。

明日の10時前まで耐えます。


[PR]
by kkagayaki2 | 2018-08-08 19:05 | 自然の風景

e0206242_5124168.jpg

e0206242_5124146.jpg

e0206242_5124111.jpg
行ってきます!


[PR]
by kkagayaki2 | 2018-08-03 05:12 | 自然の風景

今朝の空と雲

e0206242_4594781.jpg

e0206242_4594721.jpg

不思議な雲です。

今日も酷暑、熱中症に注意して
なんとか乗り切りましょう!


[PR]
by kkagayaki2 | 2018-08-03 04:59 | 自然の風景

酷暑の中の散歩?

e0206242_1237282.jpg

e0206242_12372830.jpg

e0206242_12372921.jpg

e0206242_12372984.jpg

e0206242_12372916.jpg

e0206242_12372930.jpg

e0206242_12372994.jpg
暑かった!
ブログランキング・にほんブログ村へ

[PR]
by kkagayaki2 | 2018-08-02 12:37 | 自然の風景

なかなか太陽顔を出さず

e0206242_10423651.jpg
このまま曇りの1日?と思いきや、今は日が差して
蒸し暑さもありきつい日です。
この後も無事に過ごせますように!



[PR]
by kkagayaki2 | 2018-07-31 10:42 | 自然の風景

台風一過の空

e0206242_14133750.jpg

e0206242_1413379.jpg
こちらは台風一過でも九州ではまだウロウロしているんですね。早く通り過ぎて欲しいですね。

朝は涼しかったけど10:00前から蒸し蒸ししてきました。
午前中病院行きの予定が、8時の時点で受付終了してしまいまして、3時からの診察になりました。

待機中です。

1日過ぎるのは早い、7月は今日と明日のみです。
猛暑との戦いはこれからです。


[PR]
by kkagayaki2 | 2018-07-30 14:13 | 自然の風景

日本海から東日本へ暖気が南下

この3連休はとにかく暑くなります。
現在の暑さはこちらをご覧下さい。(気象庁)
タイトル画像にもあるとおり、現在、西日本を中心に勢力の強い高気圧に覆われており、雲のないエリアが大きく広がっています。
このような夏の高気圧は大規模場の運動となるため、ゆるやかな変動となり、なかなか解消しません。
つまり強い日差しが照りつけて、厳しい暑さが長く続くこととなります。

上空の暖気に注目すると、九州付近にある高気圧の中心を回るように、時計回りで日本海から特に東日本方面へ極めて暖かな空気が流れこむ予想です。
上空1500メートル付近で、平年より4℃以上高い21℃以上のラインに覆われていますが、これはよく晴れれば地上付近で35℃を超える猛暑日が広がる目安です。

さらによくみると、この21℃ラインの内側にもう一つ丸で閉じたラインがあり(山梨、長野、岐阜あたり)、これは24℃以上を示します。このような場所では、海風の届きづらい内陸を中心に40℃前後まで上がる可能性があります。

この3連休は東日本や西日本を中心に35℃以上の所が広範囲に出現するほか、上記の山梨から岐阜にかけて、あるいはその周辺の関東内陸や近畿地方などで40℃に迫る気温が出る予想で、もしかしたら暖気がピークとなる日曜日~月曜日にかけて40℃を超える可能性もなくはない気象状況と言えます。

西日本の被災地を含めて35℃以上の猛暑が続く予想ですから、熱中症に厳重に警戒するとともに、衛生管理にも十分な注意が必要です。

40℃以上なら5年ぶり、7月としては14年ぶり
国内で最後に40℃以上を記録したのは5年前の2013年8月。
この時は8月10日~13日にかけて、高知県江川崎で国内最高である41.0℃を記録するなど4日連続で40℃以上を観測し、甲府や館林などでも40℃以上を観測しました。

この前に40℃以上となったのは2007年8月。
この時は8月15日~17日にかけて、熊谷や岐阜県多治見で40.9℃を記録した他、館林や埼玉県越谷などでも40℃以上を観測しました。

そしてこの前に40℃以上となったのが2004年7月です。
この時は7月20日に千葉県牛久で40.2℃、7月21日に甲府で40.4℃を記録しました。

気象庁のまとめによる40℃以上の観測日をみると、その多くが7月下旬~8月のお盆の頃にかけてとなっていますが、これは日本の回りの海水温と日差しの強さなどの関係で、地上付近が最も高温になりやすい時期だからと考えられます。

もしこの3連休で40℃以上の極暑が観測されれば、国内では2013年以来5年ぶりとなり、7月としては2004年以来14年ぶり、しかも7月中旬までの観測となると1998年7月4日に群馬県上里見で観測された40.3℃以来20年ぶりのこととなります。

杉江勇次 気象解説者

----

こちらでは35度です。3時には37度の予想です。12時頃までクーラーなしで洗濯やら掃除機がけをしました。干すためにちょっとベランダに出ただけで汗だくでした。

でも、被災地はこの暑さの中での作業ですよね。ボランティアの方もありがとうございます。

午後はまた家事です。

ゆっくり進めます。 ブログランキング・にほんブログ村へ
[PR]
by kkagayaki2 | 2018-07-14 13:20 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)