自民党も民共も同じだ

e0206242_17552123.jpg
保守本流と言われる‭人たちは、
講演会や集会などで”お話”をするだけで具体的に反日などに対しては何もしてこなかった。
それではダメだと言うので行動する保守を立ち上げたのだが、日の丸を掲げただけで右翼認定したり、私から見れば別に過激でもないことでも「下品だ」と宣い、気取りに気取っていたのである。

そんな人から見たら在特会なんて雑魚だと、上から見下ろして「どっちもどっちだ」と悦に入っていたのだ。
だから、憎悪表現問題も雑魚と在日の戦いで、どっちの味方をするかと言ったら、「日韓議員連盟」の覚えもめでたいから
朝鮮半島や在日の方が大事なんだろう。それこそ、民共と一緒。対立しているようでどこかで繋がってるんだろうね。

人権擁護法案反対で華々しくデビューした西田大先生も法案なんてどうでもよくて、雑魚を潰すために一役買ったんだろう。
その証拠に何故朝鮮人に対してデモをするのか、どうして過激になってしまうのか?行動する保守の人に聞きましたか?
祖国の息を吸うように嘘を言うDNAを持つ在日様からしかお話を聴かなかったことがその証拠。

マスゴミも「何にも悪いことしない真面目な朝鮮の方に汚い言葉を浴びせる悪者の集団」扱い。
自民党も同じように思ってるだけ。で、このツィート、いかにも正義の味方みたいですな。

自民党に逢沢一郎議員の件で電話して、今回のデモは「反共産党のデモです。」と言ったら「それもヘイトスピーチです」と答えたという。
もう、めちゃくちゃですわ。要は行動する保守デモはすべてヘイトスピーチって
こと。

朝鮮人の為に日夜活躍する有田という、国会議員自ら違法行為で届出をしたデモを中止させたというのに、そんなこともわかろうとしない。
ではなくて「朝鮮人様の日本」にするのが、
保守本流の代表であるはずの、自民党の本当の狙いではと、最近思えてきた。
移民問題や外国人労働者問題ひとつとってもそうだ。

デモを中止させた国会議員三人とこのあいさわ議員や他の議員もヘイトスピーチ解消法しっかり読んだのかね?
悪法が出来ても訴えることは訴える、抗議のデモは違法にならないようにしてやると言っているのに、国会議員どもが揃いも揃って

雑魚を消せば他の日本人はおとなしくなるからいいとでも思ったんだろう。

ところが、在特会のヘイトスピーチは良くないが(どこが?)と一言断りながらもネット民はまともですよ。大先生。
因みに自民党


自民党に投票しないからと言って、民共などに入れるバカはいない。

ただただ憲法改正の為に自民党へ、「日本を取り戻す」で自民党へも消えた。

今回はじっくり考えて自民党以外のまともな投票することにしようと思う。
---
民主主義の原則は、言論の自由

後世に残る、歴史的日本人言論弾圧事件になるかもしれませんね

民主主義の終わりっていうか、それが始まった日として

そうなって欲しくないですが、あれが始まりだったみたいにこのままだとなりかねません

有田やみずほなどの糞反日議員とはいえ国会議員が出てきて、言論弾圧やっているんですから

それに対して、マスコミは相変わらずですが、日曜夕方の報ステ、バンキシャ、NHK7時とすべてヘイトデモで報道でしたし、いったい民族差別的デモって何なんでしょうね

いまだプレスコードを守っているのか、在日に乗っ取られているのか。どちらにしろ真実を追究するジャーナリズムなんて欠片ほどもありません

在日など差別やヘイトを武器にする侵略者、日本人の敵でしかない。これが真実であり本質です

いつも思いますが、現職の他の国会議員はだんまりを決め込んでいるんでしょうか

日本の民主主義が壊されそうになっているのに見て見ぬふりなのか、いつものことですね

南朝鮮の慰安婦プロパガンダでもそうですが、国会議員は何もせず、一般の日本人が何とかしようと奮闘する

いったい、この構図ってのはいつまで続くのか。シナ朝鮮問題、特に朝鮮問題となると何も出来ず押し込められていくばかり

大阪でのヘイト条例も施行されます。そういうデモさせない日本人言論弾圧の流れを作っていくと、いずれ在日連中が一番規制したいネットでの規制ってのにも繋がりかねません

日本人の我慢も限界に近づきつつあります。怒りのマグマが溜まると最後どうなることか

今回のことが、陰の極みであることを願います
-
最後は戦うしかないのか

開戦し韓国、朝鮮と国交断絶し
在日を弾圧するまで止まらないのだろうか
最後はそうなるのだろうな。
世界も痴呆のような差別はいかんという主義をやめ、ナショナリズムが台頭するだろうから
その時は全面交戦になるかもしれない

2016/06/06(月) 20:16:56 | URL | 明星 #- [ 編集 ]
-
木村太郎氏のコメント
・日本は民主主義を志とする憲法がある。民主主義国家において重要な「表現の自由」を制限することは、自殺するようなものだ
・侮辱罪や脅迫罪など刑法で救済できる手段がある。ヘイトスピーチの法規制を進めた場合は、表現の自由がどんどん脅かされていく可能性がある
・ヘイトスピーチは悪いことだが法規制には反対

6.5については
木村太郎
「ま、それもないですし、それからもう変な法律でしてね、本邦外出身者を対象にすると。外国人じゃないんですよ。だからあくまで韓国・朝鮮関係者を、もう対象にした、そういう法律なんですよね。だから『ヤンキー・ゴー・ホーム』と言っても、これに引っかからない」

木村太郎
「だから逆に言うと『ヤンキー・ゴー・ホーム』って言うのを禁止すると、言論の自由にこれは触れますから、だからそのギリギリのところの法律なんでしょうけど、まあ相当これなんか無理な法律だと思いますね」




[PR]
トラックバックURL : https://kkagayaki2.exblog.jp/tb/24441064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkagayaki2 | 2016-06-07 17:55 | その他 | Trackback | Comments(0)