今日は何の日? with護国デモの紹介

1月14日は何の日?

●愛と希望と勇気の日、
タロとジロの日

e0206242_11283295.jpg

今日(1月14日)は「愛と希望と勇気の日,タロとジロの日」
1959(昭和34)年、南極に置き去りにされた南極観測隊の2匹のカラフト犬・タロとジロの生存が確認された。
1956(昭和31)年の秋、南極観測船「宗谷」で11人の隊員が東京港を出発。15頭のカラフト犬も犬ぞり隊として参加した。1958(昭和33)年、第2次越冬隊が乗り込む南極観測船「宗谷」は、昭和基地の手前140キロメートルの海上で氷に行く手を閉ざされ、身動きがとれなくなった。「宗谷」は例年にない厚い氷に閉じこめられたうえ、スクリューも破損、越冬隊は、荒天のため基地への上陸も、越冬も中止せざるをえない状況になってしまった。
11人の越冬隊員はヘリコプターで救出されたが、15頭のカラフト犬は救出することができず、鎖につないだまま氷原に置き去りにされた。
1958年11月12日、第3次観測隊は「宗谷」に、輸送用大型ヘリコプターを2機搭載しして東京港を出発。翌1959(昭和34)年1月南極海に入った。1月14日「宗谷」は、昭和基地から163キロの地点から空輸を開始、この日、ヘリコプターが1年前に置き去りにしたカラフト犬15頭のうち、2頭の生存を確認した「タロ」と「ジロ」である。置き去りにされたことを恨むどころか隊員との再会を喜ぶ2頭のカラフト犬のいじらしさに日本中が胸を熱くした。ジロは、第4次越冬中に南極で死亡したが、1961(昭和36)年に帰国したタロは1970(昭和45)年に老衰死した。現在は札幌市の北海道大学植物園で剥製として展示されている。
無人の極寒の南極で、約1年間、奇跡的に生き延びた、2頭のカラフト犬の物語は、約20年前(1983年)にも映画「南極物語」としても公開され、再び多くの人に感動を与え、大ヒットした。
1957年~1958年に計画された国際地球観測年(IGY)では、未知の世界だった南極大陸を各国が協力し、観測・調査を実施することが、大きな目的になっていた。第二次世界大戦が終わって10年、敗戦国日本がようやく国際社会に復帰をはじめたころ。まだ、主食の米も十分でなかったこの時代に、日本はこの国際共同観測の大事業に参加することを決め、南極地域観測総合推進本部が文部科学省(以前の文部省)に設置された。日本が基地を設けるために割りあてられた大陸沿岸域は人跡未踏の地であった。この当時は、予算も少なく船もなく、廃船間近の海上保安庁の灯台補給船「宗谷」(4,849トン)を、砕氷船に改造修理して南極へ就航させたた。この「宗谷」は昭和13年耐氷型貨物船として建造され、第二次世界大戦では、南洋で輸送船として活躍をして再三の空撃、魚雷を受けながら無事終戦を迎えた「運の良い船」dだそうで、その後は引楊船、灯台補給船となり、1956(昭和31)年11月からは日本初の南極観測船として1962(昭和37)年4月まで、6次にわたる南極観測に活躍。その後1978(昭和53)年まで海上保安庁の巡視船として活躍したが、翌年5月から、船の科学館前に係留され永久保存展示されている。
敗戦で何もかもなくしてしまった日本、今の時代の南極観測と違って大変な苦労だったろう。兎に角、南極観測隊員だけでなく、この時代の日本国民はみんなが、良く頑張ってきた。だからこそ、今の日本の繁栄がある。大いに自負していいだろう。それにしても、犬ってってのは、どうして、こんなに人なつっこく、やさしい動物なんだろうね~。(注管理人:猫もね~)
(画像は、20世紀デザイン切手:カラフト犬タロ・ジロ南極越冬)
http://blog.goo.ne.jp/yousan02/e/11baa7b5b32a6d21383fbdff340c0a22
南極観測のホームページ(制作・国立極地研究所)
http://www.nipr.ac.jp/jare/index.html
-----------------
☆尖閣諸島開拓の日
e0206242_11372428.jpg

尖閣諸島開拓の日(せんかくしょとうかいたくのひ)は、沖縄県石垣市が条例により定めた記念日。1月14日がこれに定められた。尖閣諸島の日[1]や尖閣の日[2]とも呼ばれる。ウィキペディア
e0206242_11344773.jpg

中国政府から「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」で中国人遭難者を救助したとして沖縄県石垣村の漁民へを送られた感謝状(1920年5月20日付)
-------------------
日本を守ろう!

平成24年初街宣 『日本が危ない! 私たちに今何が出来るか? 』

民主党の売国腐敗政治、メディアの偏向報道や韓流ごり押し、脱原発デモや朝鮮人売春婦問題を利用する反日左翼勢力の暗躍など様々な問題を抱えたまま迎える平成24年。九州各地から多士済々の弁士を、そして東京からは在特会会長 桜井誠を迎えて現在の日本の現状、問題点を訴えるべく街宣活動を行います。これ以上日本国民が無関心でいることは決して許されません! 一人でも多くの日本人の覚醒を促すため、福岡支部が始動します。
【日時】
平成24年1月14日(土) 14:00~16:00

【場所】
天神パルコ前 天神交差点
最寄駅 西鉄福岡天神駅
地図は こちら をクリック

【生放送】
ニコニコ生放送にて14:00より生中継予定
http://live.nicovideo.jp/watch/lv77071349
【注意事項】
雨天決行
国旗・旭日旗・Z旗・プラカード持参歓迎
特攻服など現場にそぐわない恰好はご遠慮ください
撮影が入るため、顔を写されたくない方はサングラスなどご持参ください
現場責任者の指示に必ず従ってください

【現場責任者】
神田剛 (在特会福岡支部運営)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 福岡支部

【共催】
在特会 九州各支部

【問い合わせ】
在特会福岡支部メールアドレス
zaitokufukuoka@gmail.com


1.14 頑張れ!民主台湾 加油!民主台湾・東京集会(1/14)
日時・内容 平成24年1月14日(土)

ニコニコ生中継
http://live.nicovideo.jp/watch/lv77318961?ref=ser
12時00分 渋谷駅ハチ公前広場 「街頭演説」     (~12時30分)
13時00分 代々木公園「野外ステージ」開場
13時30分 「東京集会」開会     (~16時00分)
主催
頑張れ日本!全国行動委員会 草莽全国地方議員の会 チャンネル桜ニ千人委員会有志の会
---------------------
【新春】着物・和装で韓国の従軍慰安婦・強制連行の嘘に騙される­な!デモ&街【集合日時】
平成24年1月15日(日)
15時集会、15時半出発
【集合場所】
中之島公園(女神像前)
地下鉄「淀屋橋」駅下車、①番出口出てすぐ大阪市役所隣
デモ行進出発→御堂筋を南下し、難波のビル付近で解散
【主催・協賛】
 主催:日の丸行進の会
 協賛:頑張れ日本!全国行動委員会 京都府本部 関西総支部 大阪支部
--------------------------------- 

2012年1月20日(金) 12時00分 出発
集合場所:新宿 柏木公園(西新宿7-14)
集合時刻:ボランティア参加者 11時00分 一般参加者 11時30分  
※ボランティアの募集をしています!是非、ご協力を!
ルート:柏木公園→新宿駅周辺→柏木公園(左回り 2.5km前後)
---------------------------------
1/21(土)は、「電通デモ」開催!

【集合】11:00 【出発】11:30
【集合場所】水谷橋公園
集合場所・水谷橋公園まで
・JR東京駅八重洲南口より(徒歩8分)
・JR有楽町駅京橋出口より(徒歩8分)
・地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口より(徒歩1分)
・地下鉄銀座線京橋駅2番出口より(徒歩1分)
・地下鉄銀座線銀座駅A12番出口より(徒歩5分)
・地下鉄都営浅 草線宝町駅A4番出口より(徒歩5分)

デモ行進コースは、東銀座~銀座ど真ん中のマリオン前~新橋~日­本テレビ前~電通本社~朝日新聞本社前!
-------------------------
1/22(日)名古屋「第2回フジテレビ抗議デモ
 ~フジテレビ、マスコミの偏向報道を糾弾する~」開催!
(ルート等詳細は後日発表)

・栄公園集合 13:00
・デモ出発  13:30


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ


[PR]
トラックバックURL : https://kkagayaki2.exblog.jp/tb/17215902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by coffee at 2012-01-14 21:18 x
蔡英文が負けてしまいました。
馬が勝ってしまいました。
台湾もどうかしています。
このまま徐々に支那に併呑されるかもしれません。
日本も急いで核武装しておかないと徐々にやられます。
Commented by kkagayaki2 at 2012-01-14 21:38
coffeeさん、
もしかしたら、今日の「頑張れ日本!」のデモに参加してました?
テレビは見たくないのでNHKのサイトで見ていました。最初はリードしていたと思いましたが、台湾人もシナに侵略されないと気づかないんでしょうね。恐ろしいです。
by kkagayaki2 | 2012-01-14 11:54 | 護国部屋 | Trackback | Comments(2)