売国詐欺政党 民主党は今日も

TPPを「PTAの何とかなの?」「お菓子の名前かと思った」なんて言う人もいるほど、
国民にはまだまだTPPのことは知られていない。だから、危機感はゼロ。
そんな人に、よ~かんさんの小話でわかってもらえればいいのですが。
笑ってる場合じゃないですけど、ポスター同様こちらもなかなかですねぇ。

愛国画報 from LAさんのブログより↓
野田はTPPのセールスマンだった!
ピンポーン♪。玄関のチャイムが鳴った。ドアを開けると、ふたりの男が深々とお辞儀をしている。

「おくつろぎのところ、誠に申しわけございません」

小太りの男はそう云うと、もう一度頭を下げた。うしろに立つのがたぶん部下なのだろう、のっぺりした顔の男も慌てて頭を下げる。

「わたくし、こういう者です」

小太りが差し出した名刺には、「BKD商事、TPP営業部長、野田佳彦」とある。こちらが名刺を受け取ると、また深々とお辞儀をした。気がつけば、自分の靴の先を舐めている。極度に低姿勢だ。
e0206242_11483738.jpg

むっくり頭を上げると、小太りは語り出した。

「実は投資案件をご紹介致しております。ほんの数分で結構でございます。お話だけでもお聞き頂けませんでしょうか」

ここで声を落とした。「確実な儲け話です」

「間にあってます」こちらがドアを閉めようとしたら、家内が廊下を小走りにやってきた。「いいじゃないの、お話聞きましょうよ」

儲け話のひと言が聞こえたのだろう。女はこれだから困る。そんなに上手い話をセールスマンが持ってくるものか。

立ち話も何でしょう、と家内が男ふたりを招き入れた。小太りはまた深々とお辞儀をして靴を舐める。器用な奴だ。

「では、さっそく」居間に落ち着くと、小太りが切り出した。

「本日ご説明させて頂くのはTPPファンドと申します。アメリカを中心にした国際的な投資案件ですが、安全性と健全性については、かのオバマ大統領様が太鼓判を押しております。投資分野は工業、農業から医療、保険などのサービス迄ほぼ全ての産業を網羅しており、まさにグローバルな成長先取り型のプランになっております。太平洋を取り囲む国々が互いに関税を取り払い、貿易自由化を進めて経済成長を確固たるものにしようと云う崇高なる精神がこのTPPの特徴でございます。」ここまで一気にまくしたてると、こちらの顔をちらりと見た。「お分かりですか?」

「いいえ、ちっとも分かりません。あんたは何も具体的なことを云ってない。」不満げに答えると、小太りはのっぺり顔に向かって云った。「前原君、資料を出して下さい」

そうか、のっぺり顔は前原と云うのか。胡散臭そうな奴だな。

広げた資料には、「急成長」「国際化」「将来性」などの大きな文字が踊る。ありったけの美辞麗句が並ぶ。そうかと思えば、世界の孤児になっていいのかとか、バスに乗り遅れるなとも書いてある。但し説明らしい説明は何もない。何だかさっぱり分からない。とにかく怪しい。

「如何でしょう。TPPにご興味があれば、先ずは一度ご参加頂くのがよろしいかと」そう云うと小太りはボールペンを差し出して、資料の最終ページの署名欄を指し示す。

「ご参加になればいろいろなことが分かるのです。儲け話に躊躇は禁物です」

のっぺり顔が身を乗り出した。

「取り敢えずご参加頂き、あとでお嫌であれば自由におやめになればいいんです」


もじもじしながら、家内が尋ねた。「で、どのくらい儲かるんですの?」


「内閣府の試算では2.7兆円となります」小太りが自信に満ちた声で答える。

これを聞いて、怒りが爆発した。

「ふざけるな!」思わず発した大声に自分でも驚いた。「それは10年間の試算ではないか!だだだ騙し討ちみたいな話ではないか」ボールペンを投げ捨てた。「そのうえ、農水省は11兆円の損失と云っている」
怒りがさらにこみ上げてきた。

「か、帰れ。お前達なんか帰れ!」

怒鳴り声に仰天したのか、ふたりはさっと立ち上り、玄関へと後ずさりをはじめた。「かか、帰ります。帰ります。ららら乱暴はいけません」


玄関先で靴をひったくるように取ると、外へ駆け出ようとするふたり。おっと、これだけは聞いておかなきゃいけないぞ。「おい、ちょっと待て」

小太りとのっぺり顔を睨みつけながら尋ねた。「一体、お前らは何が売りたいんだ?」


ふたりは顔を見合わせると、一瞬そんなことも分からないのかと、ひとを小馬鹿にする表情を浮かべた。そして声を揃えた。


「国です!」

--------------------------------------------------------------------------------------
先日NTT東日本から電話が架かって来て、新しいサービスのお勧めの後、「もし、余り金額的に変わりがなければ電話一本で解約出来ますのでいかがでしょうか」と。
政権交代もこんな乗りで煽ったのか、マスゴミ。
民主党が政権を盗る前もマスゴミと民団党が「一度やらせてみてください」と言った。
NTTと違って、「やらせてみたら駄目だったので辞めてください」といくら言ってもなかなか辞めない。犯罪人続出でも必死でしがみつくばかり。それどころか、「今のうちに日本を解体しないと次はないぞ」とばかり、朝鮮、シナ、ロシア、アメリカへの国売りに拍車がかかっている。今日も絶好調だ。


野田首相、外国人献金47万円を返金 国会で陳謝

野田佳彦首相は31日の衆院本会議で、首相の資金管理団体「未来クラブ」が在日外国人から献金を受けていたことを初めて認めた。首相は、在日外国人2人から約47万円の献金を受けて10月26日に返金したことを公表し、「寄付は日本人名で、外国籍とは知らなかった。大変申し訳なく、おわびする」と陳謝した。

 自民党の谷垣禎一総裁の代表質問に答えた。首相の説明によると、在日外国人からの個人献金は2006年までの7年間に計26万1千円、03年までの3年間で計21万円の計2件あった。

 政治資金規正法は、日本の政治や選挙への外国の関与や影響を防ぐため、政治団体が外国人から献金を受けることを禁じている。藤村修官房長官は31日の記者会見で「何か違法行為があったということでは全くない。しっかり調査し、報告した」と述べ、国会答弁で首相の説明責任は果たされたとの考えを示した。
http://www.asahi.com/politics/update/1031/TKY201110310457.html
------------------------------------------------------------------------
知らなかったで済まされる話ではないでしょう?と言うより知らないはずはない!
国会で忠誠を誓う為に「朝鮮飲み」で水を飲み、選挙のお礼の民団まで出かけて行くほどズブズブなのに、知らなかったはちと無理があるでしょうに。
挨拶も凄いですね。「朝鮮人の方たちの為に働きます。」じゃないですか。
●韓国民団の選挙協力に感謝する、
 民主党野田佳彦議員
 
http://www.youtube.com/watch?v=3k79ozsd_-8

皆様、おはようございます。
 ご紹介を頂きました民主党の衆議院議員、
 野田佳彦でございます。
 これ以上ないと言うすばらしい秋晴れに恵まれての
 10月のマダンに、昨年に続きましてお招きまされ
 心より感謝を申し上げたいと思います。
 そして、もうひとつ御礼申し上げなくてはなりませんのは、
 今日は、私のみならず
 (民主党議員の名前がゾロゾロなので~中略~~)
 千葉の選挙区で私ども民主党すべてが
 議席を得ることが出来ました。
 8月30日にの衆議院選挙におきましては、
 千葉民潭の皆様の力強いご推挙をいただき、
 力強いご支援を頂いたことを
 まずは、心より御礼申し上げたいと思います。
 ありがとうございました

 政権が変わって日韓の関係はどうなるか
 ご心配いただく事はございません!
 政権交代を機に、両国の関係がより進化することを
 皆、頑張っていきたいと思います!

(中略)
 両国の経済条約がまだ進んでおりませんが
 ご紹介にございましたとおり、
 たまたま財務の仕事をする事になりました。
 財務省には国際部という所があり
 こういう仕事をする部署がございます。
 私も自分の仕事の中で、韓国と経済的にも文化的にも 進化していくように努力したいと思います。

---------------------------------------------
http://toriton.blog2.fc2.com/blog-entry-1482.html

進化って、日本が朝鮮半島の属国になることなんでしょうかね。

さて、TPPのセールスマンコンビののっぺり男も凄いですよ。


民主・前原氏、外国人労働者受け入れ拡大検討

民主党の前原誠司政調会長は31日夜、名古屋市内のホテルで講演し、外国人労働者の受け入れについて「将来拡大するのかどうかについても国民的な議論で考えていかないといけない。人口も減って経済活動が縮小していく中で本当に借金を返せますかということも考えなければならない」
と述べ、前向きに検討する考えを示した。

e0206242_12225984.jpg

 また、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)の交渉参加を念頭に「日本はまだまだ全貿易量に占める他国との経済連携協定を結んでいる率が低い。産業空洞化の原因になっていることも事実だ」
と述べ、TPPを含む経済連携協定(EPA)の締結が必要であるとの認識を強調。関税撤廃による農業への影響への懸念に理解を示しつつも「自由貿易に入ろ うが入らなかろうが、農業が曲がり角をとっくに曲がって根本的に立て直さなければいけない時期に来ていることは間違いない」と述べた。

▽産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/111031/stt11103121070009-n1.htm
--------------------------------------------------------------------------------------
観光にせよ、留学生にしろ、とにかくシナ、朝鮮人の受け入れには熱心。
移民1000万人受け入れが闇マニフェストにある政党だから。目標に向かって着々と進んで・・そうはさせない!

コメントより↓
「人口が減るから移民を受け入れよう」 と言う奴は多いんだが、俺は、

・ どの国から
・ 何歳前後の
・ どれくらいの学歴・階層の
・ 何人を
・ どの地域に
・ どの産業が雇い
・ どれくらいの福祉を与え
・ いかほどの需要増と税収増を期待するのか
・ それで採算が合うのか

具体的な予測を聞いたことがないのだが…… ミ ゚ 仝゚ミ



349:名無しさん@12周年:2011/11/01(火) 01:03:57.38 ID:i5Ot8hbk0
民主が動き始めるとド迫力だな
あっという間に日本が崩壊していくのを実感できる


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : https://kkagayaki2.exblog.jp/tb/16373424
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkagayaki2 | 2011-11-01 12:32 | 民主党 | Trackback