e0206242_7391753.jpg

e0206242_7391745.jpg

e0206242_7391759.jpg

e0206242_7391741.jpg
早目に拡散したかったのですが、何でこんなに忙しいの?ってぐらい時間がなく、終わった後にお知らせとなりました。
ニコ生は、私も家事しながら見る予定。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by kkagayaki2 | 2015-08-30 07:39 | 護国部屋 | Trackback | Comments(0)

WBSC 日米戦 日本完勝!

e0206242_7374021.jpg

e0206242_7374061.jpg

e0206242_7374013.jpg

e0206242_7374057.jpg

e0206242_7374052.jpg

e0206242_7374079.jpg

e0206242_7374061.jpg
9月6日決勝戦は地上波で放送する予定とか。
今週は、ずっと見られるので、厳しい毎日も
頑張れるね。(o^^o)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by kkagayaki2 | 2015-08-30 07:37 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

e0206242_15524672.jpg
応援したんだけどね。次こそ白川越えを!
e0206242_15524637.jpg

e0206242_15524671.jpg

e0206242_15524646.jpg

e0206242_15524622.jpg

e0206242_15524642.jpg
8月28日からWBC U18大会も楽しみです。
e0206242_15524655.jpg

e0206242_15524636.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by kkagayaki2 | 2015-08-23 15:52 | スポーツ | Trackback | Comments(0)

大曲花火大会

e0206242_15505982.jpg
⬆︎は頂き物です。
e0206242_15505954.jpg

e0206242_15505987.jpg

e0206242_15505950.jpg
一度は行ってみたいけど、無理だろうな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by kkagayaki2 | 2015-08-23 15:51 | 四季の行事(祭事) | Trackback | Comments(0)

夏の思い出 近場編

e0206242_15422324.jpg

e0206242_15422395.jpg

e0206242_15422329.jpg

e0206242_1542234.jpg

e0206242_15422380.jpg

e0206242_1542237.jpg

e0206242_15422320.jpg

e0206242_15422381.jpg
買い物に行ったら、太鼓の音が聞こえてきた。
夏の終わり、最後のお祭り。
元気が出たぞ!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by kkagayaki2 | 2015-08-23 15:42 | 四季の行事(祭事) | Trackback | Comments(0)

今年の靖国
e0206242_17122728.jpg

e0206242_1713985.jpg

e0206242_17134520.jpg

e0206242_17142418.jpg

Youらは何しに靖国に?
e0206242_17155069.jpg

e0206242_17161783.jpg


(前投稿からの続きです)

さて、今回の写真を見て感じる方は感じるかもしれませんが、ちょっと元気がありません。
「日本を守りたい、皇室を守りたい」からの迎撃ではありますが。

70%近い国民が支持をすると答えた「安倍談話」に水を差すような「お言葉」がありました。
(普段政治に無関心な、今遊びに来ている妹の方がテレビを見て教えてくれました。
何故なら、テレビの報道でこの反省と言う言葉を煩雑に取り上げたからです。)

皇室を批判することは不敬にあたり、多くは記事にできませんが、BBさんのブログでは以前から
天皇皇后両陛下の政治に対する”口出し”に危惧を感じていました。
マスゴミの裏側などよりも、国民はまだまだ気づいていない人が多いと思います。
是非ともBBさんのブログから、今回の記事や過去記事をご覧ください。
私は今回のお言葉で「反天連迎撃」してまで皇室を守る意味があるのだろうか?いや皇室=日本であり、
日本を守るためでもあるから正しいのだとも自らに言い聞かせておりますが、何だか脱力してしまい、8月15日の写真を投稿する気もなくなってしまいました。

まさか、ここまで、言い過ぎでは、と思っていたことが現実になる、なっていく、空恐ろしいことです。
ご紹介いたします。
BBの覚醒記録。無知から来る親中親韓から離脱、日本人としての目覚めの記録
http://blog.goo.ne.jp/inoribito_001

天皇陛下はアンチ安倍政権・・・・・でしょ、やっぱり
2015-08-17 | 東宮雅子妃問題
かねがね、ある種の保守の言論の矛盾が不可解でした。

保守を任じるなら、概ね安倍政権に賛同のはずです。賛同でなければ対案を出すべきですが。

ところが、天皇陛下皇后陛下皇太子殿下の左傾言動は見て見ぬふり、あるいは牽強付会の擁護論。

どう擁護しようと、平和憲法護持というご主張なら、そして英霊を「A級戦犯」呼ばわりなら、一般ではこれを左翼と申します。皇后陛下は五日市憲法など持ちだされるし、元GHQメンバーに対して堂々たる賛意・支持を表明していらっしゃいます。

・・・・・と拙ブログでは述べてきた訳ですが、ある種の保守は相変わらず無反応、たまに語彙乏しい「不敬」で思考ストップしたのがコメ欄に現れるだけ。

アメリカでも、天皇陛下は安倍談話に対抗した、と捉えられてますけどね。

普通に今までの言葉の両者の相違を考えれば、天皇ご一家は改憲を党是とする自民党に、そして安倍政権に反対を表明していらっしゃいます。

憲法護持を主張なさりながら、憲法で禁じられている政治と外交に影響する言動をお取りになることもいかがなものかと、思われますが。

<首相70年談話>「反省」天皇陛下と対照的 米メディア

 【ワシントン和田浩明】天皇陛下が70回目の終戦記念日である15日、政府主催の全国戦没者追悼式で「さきの大戦に対する深い反省」に初めて言及されたことについて、米主要メディアは安倍晋三首相の戦後70年談話とは「対照的」などと報じた。

 米通信社ブルームバーグは「天皇、戦争に反省表明、安倍首相と対照的」との見出しで記事を配信。また、米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は「安倍首相の政策に対する静かな反対」との見方が強まると紹介した。

 全米公共ラジオ(電子版)も第二次大戦に関する「前例がない謝罪」であり、安倍首相の談話より踏み込んだもの、と評価した。米メディアは安倍談話について自らの言葉で謝罪がなかったとして「日本の指導者、第二次大戦で謝罪に至らず」(ワシントン・ポスト紙)などと批判的に伝えていた。

・・・・・・・・・・・・・
アンチ改憲、アンチ自民党、アンチ安倍総理って端的に左翼なんじゃないんですか? 共産党やSEALDsとどう違うんです? その主張は基本で同じでしょう?
日本に反省と謝罪を迫るのは中国と韓国です。

それに答えているのは全部、左翼さんたちか、日本毀損の鳩山みたいな電波と違いますの? 村山富市とか。「韓国に謝罪に行きたい」ご発言も、日本が悪いことをしたという認識カラではないのですか?

その言論を敷衍するなら、当然安保法制案にもご反対でしょう。
個々の胸の内で思われるのはご自由ですが、政治発言はなさるべきではありません。アホ若者の愛鳥やらと同じだと思われるのもまずいでしょう。

天皇皇后皇太子のみが、なぜ例外に扱われるのか、そこんとこクリアに出来る方がいらしたら、どうぞお願いします。

国民が喪に服している終戦記念日に、静養とやらでお遊びに出かけている皇太子殿下雅子妃放置も、両陛下に本当に戦没者を悼むお気持ちがおありなのかどうか、疑問に思わざるを得ません。しかも混みあうお盆の時期に駅と道路を塞いで。

このご一家のお慎みの日の遊び歩きは珍しくもありませんが、それを放置の「ご両親」が反省されたって、反省の位置がちょっと違うのではないでしょうか。

天下国家の前にまずおみ足の足元をどうぞ、顧みられてくださいませ。
あの長男は本当に次代天皇でよろしいのですか? 国民が敬愛を持って
お迎えできるお方ですか?

例えが適切ではないかもしれませんが、庶民で言うなら親戚一同も集まる法事に、長男夫婦が遊びに出かけていない、ということでしょう?

第一、慰霊祭で「反省」って戦没者に失礼ではございませんか?

反省ということは、あれはいけない戦争であった、と。

いけない戦争で亡くなったのが、戦没者ならそれって無駄死になんですか? 犬死になんでしょうか。

マッカーサーですら「自衛のための戦争だった」と公に語っているというのに。

二言目には「不敬」で思考停止する自称保守の人たちは、現在の皇室のていたらくが、GHQの仕組んだレールの終着駅であったことを、思い知るべきです。
保守が戦うべき相手は、皇室ではなくその背後にある戦勝国残滓なのだと、なぜ理解できないのでしょうね。

資料  皇后陛下、その精神を形作った生い立ちと環境
---
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by kkagayaki2 | 2015-08-18 17:18 | 護国部屋 | Trackback | Comments(1)

例年ですと、地下鉄九段下駅の地上で待ち合わせて、靖国へ行くのに、待ち合わせ場所がかなり奥の方で、
しかも午後1時。
でも、例年なら同じ出口から出られたであろう出口ではなく、とにかく、誘導されて、今まで通ったことのない道から地上へ出ました。
ここの混み具合は慣れているので、それほどの人混みとは思いませんでした。大鳥居からの道もまあまあ歩けました。
問題は参拝の列です。これほど、並んでいたのは見たことがありません。
後で参拝ということにして、参拝が終わった同士とお話後もう一度行くことにしましたが、
e0206242_1629289.jpg

e0206242_163089.jpg

e0206242_1630427.jpg

e0206242_1631960.jpg

e0206242_16314277.jpg

e0206242_16331784.jpg

再び3時頃行ってみたら、更に列が長くなり、腰痛の酷い私は「反天連迎撃」に参加する都合もあり、
次回(なるべく早い時期)に参拝することにし、九段下まで行きました。
靖国神社まで行き、参拝しなかったことは初めてでしたが、今回は心の中でのお参りだけにさせていただきました。
e0206242_16345184.jpg

e0206242_16353444.jpg

e0206242_16361073.jpg




反天連迎撃
「天皇いらない、靖国いらない、原発いらない、差別は止ろ、」の基地外左翼のデモには怒りを感じるし、
それに対するカウンターに怒りの抗議をすることは至極当然と思っているのですが、保守の方はどうしても
「下品で許せない」と。私はそちらの方にも怒りを感じますけどね。
まあ、今までの保守の人はじっと動かず、講演や勉強会だけで満足していただけで行動することは
なかったわけで、その間、あちらの方々は日本の中枢にどんどん入り込み、好き勝手をしてきたわけです。
e0206242_16402029.jpg

e0206242_16404986.jpg

e0206242_16412767.jpg

e0206242_1642284.jpg

e0206242_16424283.jpg


続く
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by kkagayaki2 | 2015-08-18 16:51 | 護国部屋 | Trackback | Comments(0)

桜井誠 ‏@Doronpa01 · 7分7分前
きまぐれ オレンジ☆ラジオ ~ 8月15日 ~
http://twitcasting.tv/doronpa01

9時15分からツイキャスで生放送をお届けします。
今日は8月15日、国賊反天連撲滅の日です。
九段下交差点への集合の呼びかけなど
是非ご視聴下さい!

---
8・15 反天連・反日極左勢力へ怒りの包囲殲滅戦


靖国前で繰り広げられる反日騒乱に終止符を!

天皇陛下の骸骨人形を掲げる逆賊集団に正義の鉄槌を!

日本国と英霊を罵るヘイトスピーチを絶対許さないぞ!

毎年8月15日、靖国神社に祀られる英霊の御霊の安らかなることを祈って全国各地から参拝者が訪れます。そして、この祈りの日に合わせて靖国神社前にて同じく毎年のように反天連主催による「靖国神社破壊デモ」が強行され、一昨年はしばき隊の在日韓国人が天皇陛下の骸骨人形を掲げて騒ぎまわるなど許されざる所業が繰り広げられました。

今年の8月15日は彼らへの怒りの声を直接ぶつけるべく、すべての心ある日本国民の集結を呼びかけます。靖国神社破壊を叫び天皇陛下の骸骨人形を掲げる鬼畜外道の極左へ日本国民の怒りをぶつけ、断固包囲殲滅しましょう!

※ 以下の情報は第一報です
※ 集合時間など変更する場合があります
※ 頻繁な更新チェックをお願いします

【集合日時】

平成27年8月15日(土) 15:00集合

【集合場所】

九段下交差点

【最寄り駅】

メトロ半蔵門線・東西線、都営新宿線 九段下駅 5番出口すぐ

【生中継】

ニコニコ生放送にて15:00より中継予定

中継先URL未定

【主催】

行動する保守運動

【総指揮】

桜井誠 (行動する保守運動)

【注意事項】

総指揮の指示に必ず従ってください

怪我、急病に備えて看護隊を設置します

公式・非公式を問わず撮影が入るため各自対応ください

国旗・旭日旗・Z旗の持ち込み大歓迎

抗議の内容に沿ったプラカード持ち込み大歓迎

しばき隊・男組関係者の立ち入りを禁止します


【その他】

反天連デモに対する抗議活動の規模が毎年数千名規模に膨れ上がっています。抗議活動に参加される方は総指揮を執る桜井誠の指示に必ず従うようお願いいたします。


【問い合わせ/取材申し込み】

行動する保守運動メールアドレス

koudousuruhosyu@gmail.com


※ 取材を希望される個人・メディアは許可申請を行って下さい

※ 当日申請は固くお断りします


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by kkagayaki2 | 2015-08-15 09:03 | 護国部屋 | Trackback | Comments(0)

e0206242_1301237.jpg

行橋市市議会議員 小坪慎也氏のブログからの転載です。
https://samurai20.jp/2015/08/abedanwa/
---
一一 のコメント:
2015年8月14日 10:52 PM

日本と世界の更なる繁栄のための談話と理解しました。

南沙諸島において経済のブロック化を支那(中国)が企て、力による現状変更をなし、国際秩序に支那が挑戦しています。

もしも東シナ海・尖閣諸島に支那が力による現状変更を試みた場合は、自由・民主主義・人権の基本的価値を共有する国々と共に集団的自衛権を行使し、日本国を守らねば、開かれた国際経済システムは発展しません。

抑止力を持った談話であると思います。

東京都55歳 のコメント:
2015年8月14日 11:14 PM

ライブで、生放送で、
質疑応答も含めて、
家族一同、傾聴していました。
ビクターの犬のように。

諸々、色々、
重箱の隅にはいろいろありましょうが、
全般的な印象は、「素晴らしい」でした。

日露戦争から始まるとは、
まったく予想だにしませんでした。

欧米列強の植民地政策。
その被害者とならないための日露戦争。
小国日本が大国ロシアに勝つという快挙。
世界中の植民地の人々が、
植民地でなくとも、
大国ロシア相手に苦戦していていた国々が、
歓喜の声をあげる情景が目に浮かびました。

4000字程度のボリュームになる。
その意味が理解できませんでしたが、
安倍さんの談話を聞きながら、
その意味を思い知りました。

直接的な批判は、
注意深く回避しつつ、
米国の戦時国際法違反にチクリ。
Chinaの現状変更の試みにチクリ。
韓国も・・・
あれ?・・・
韓国は、バッサリと無視。

不戦の誓いと言いつつも、
「国際紛争解決の手段としては」
という限定用法を繰り返し、
「自国防衛は別ね」
というメッセージ。

お詫びも謝罪も、
「もういい加減にしようぜ」
と、一刀両断。

質疑応答も、NHK出演も、
そつなく、
言葉尻を取られることもなく、
見事なものでした。

今夜の安倍さんは、
いままで一番、自信に満ちていた。
そう思えるような夜でした。

安倍さんが総理になってよかった。
あの秋、石破にならなくて、本当に良かった。

質疑応答では、さりげなく、
村山談話をdisるあたりでは、
思わず、ゲラゲラ笑ってしまいました。

「国策を誤り、というような抽象的な言葉では無く・・・」
村山談話を一刀両断です。

残念ながら、途中から、
CMカットの無いNHK視聴に切り替えていたので、
村山をゲスト出演させていたCXの画面を見ていませんが、
すでに、序盤の段階で、
安倍談話のスケールの大きさと比較して、
ワイプ画面の村山は、
その画面サイズそのものの、小物に見えました。

NHKもテレ朝も、悔しそうなお通夜状態でした。
実に愉快。

ここまでの談話を出されたら、
メディアは無視するしかないでしょう。
トリミングしても、
あのスケール感には太刀打ちできません。

ディテールにおいては、
(私もそうですが)
色々とご意見ありましょうが、
大筋の部分で、
素晴らしい談話だったと、
私は、そう思いました。

そういえば、今夜は朝ナマ放送日。
さて、田原は何を語るのか。
楽しみです♪

スレチキジコピ@失礼します のコメント:
2015年8月14日 11:49 PM

こちらの大体の方が好意的で良かったです

【速報】安倍首相談話 全文「私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」
http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/45098255

相変わらず

【画像速報】安倍首相会見、TBSが歴史に残るマジキチ中継w
http://m.moeruasia.net/article/45097636

【アカヒ速報】安倍談話「子どもたちに謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」⇒ 朝日記者「そこは被害を受けた側に言ってもらうこと」
ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/45922192

メディア関係者は不健康な精神をお持ちなようですから、精神障害について知っておいた方がいいかもですよね…

精神障害についての8つの誤解
http://karapaia.m.livedoor.biz/article/52197788

スレチキジコピ@失礼します のコメント:

2015年8月14日 11:57 PM

なんでしょうか…すごくこの方の事が思い出されたので追加します、中川さん、見ていますか…日本はほんの少し前向きになりましたよ…

【中国】 国家エネルギー局元局長 「中川昭一氏は『中国人は日本側の石油とガスを吸い取っている』とすごい剣幕で食ってかかった」」
http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/27996138

故中川昭一氏の遺言
http://blog.m.livedoor.jp/hoshusokho/article/32358536

たわし のコメント:
2015年8月15日 12:04 AM

大阪へ帰省中、夕食時に会見を見ました。途中実家の母親が、久しぶりの息子の帰省に会見などそっちのけで上機嫌に喋りまくり、集中して聞けませんでしたが(笑)。
こうやって全文をじっくり拝見すると、実に練られた内容で感動しました。対して、NHKの中継時に時折出てくるテロップは実に酷かったですね。「深い悔悟の念」とか「侵略」といったワードを抜き取って強調するもんですから、映像だけ見てたらまた謝罪を繰り返してるように見える。こうしてネットで直ぐにじっくり一次ソースが読める時代に感謝します。しかし、日本の主要メディアは本当にどうしようもない。

ふぃくさー のコメント:
2015年8月15日 12:21 AM

元々が世界に向けた談話だと思っていた私は認識が間違っていたのでしょうか(^^;

ともあれ、全体として安倍首相渾身の談話だったと感じました。
特に導入部については痺れました。欧米の植民地支配に触れ、孤立化させられた日本の立場に触れ、かつ、アジア独立の匂いを持たせながら最終的には「日本が誤った」と欧米を立てる。素晴らしさに体が震えました。

ただ残念だったのは女性の尊厳云々という表現が何度も繰り返された点です。
少なくとも3度は繰り返されたように記憶しており、閣議決定の際の苦渋の譲歩だったのかと感じたのですが、原稿を確認してみると2か所ですね。記憶違いかなあ?

できる限り拡散に協力させていただきます。

kalevara のコメント:
2015年8月15日 12:31 AM


安倍談話、ほっとしました。
普遍的で客観的、裁けない次元へと昇華しています。
サヨクや反日連中にとっては、面白くないでしょうね。

「2チャンネル」では、佐野盗作問題の方が盛り上がってますね。
良い傾向だと思います。

今の時代、目に見える軍事的侵略よりは
目に見えない、文化侵略・精神侵略・経済侵略の方が
起こりやすくたちが悪いです。

領土だけ残っても、人が変わり果ててしまったら、
植民地になってしまった…という事です。

漫画喫茶店長 のコメント:
2015年8月15日 12:38 AM

* もはや戦後ではない
* 戦後レジームからの脱却

きっと今回が最後の○○談話となることでしょう
ってか、なってほしいものです

先日、艦コレラブライバーのアルバイトの大学生から突然「なんで敗戦なのに終戦記念日なんですか」と聞かれ、一瞬返答に困りましたが、「まあ、第二次大戦というか太平洋戦争とやらはアメリカに負けたけど、大東亜戦争には負けたとはいえないからなあ・・・一番の敗戦国はイギリスなんじゃね」なんて答えてしまったんですけどこれで良かったんですかねえ・・・
後でウィキったらしく、「店長の言ったこと少しわかったっス」なんて言ってましたが・・・どうなんでしょ

たろう のコメント:
2015年8月15日 12:58 AM

小坪先生のコメントはバランスがとれており秀逸であると思います。
しかし率直な感想としては(安倍首相をあまり批判したくはないけれど)70年談話と大見得をきったわりには詰まらない談話だったですね。こういう茶番は最後にしてほしいというのが個人的感想です。
戦後政治の総決算などと豪語しながら左翼のえじきとなった中曽根内閣を思い出します。デジャブのようです。
中曽根首相は「アジアに迷惑をかけたので謝罪が必要。欧米とは資源争奪をめぐった普通の戦争に近い。過去を謙虚に見つめて国際協調と未来志向でやっていく」。どこが違うのか。逆に捕虜虐待とか慰安婦らしき余計なものが入っている。

日本が「未来志向」でやろうとしても反日左翼や中韓はそれを許さないから今まで問題だったのです。もともと欧米は日本に対して謝罪や反省など求めていなかったのです。(当たり前です。日本の戦争犯罪は好き勝手に裁いておいて欧米の戦争犯罪などは批判するのも許されなかったからです)

反日左翼や中韓のわなにひっかかって日本の政治家が歴史認識の総括などという迷路にはまってしまったのが問題だったのです。
政治家が「悪意のある国内または国際勢力から国家の名誉を守る」という当たり前の職務を果たせなくなったのが混乱の原因です。
反日左翼や中韓の目的は日本との和解ではなく日本への復讐です。だから日本から韓国へ謝罪をすればするほど復讐心はエスカレートしていきます。(だって日韓併合はナチスのホロコーストのような極悪犯罪ではないのが韓国人は悔しいからです)

「過去を蒸し返すのもいい加減にしろ。やりたければ国内で勝手にやってろ」と一喝する政治家が20人もいたらずっと昔に解決していたはずです。
イギリスとアイルランドがテロの殺し合いをやっていた時代には日韓何事もなく外交をやっていたのに、イギリスとアイルランドが和解をする時代がきて、逆に日韓が戦後最悪といわれるほどの関係になっているaことの滑稽さ、その意味を深く考えるべきです。
日本人が痛切に反省しなければならないのは、どこの国も他国から一方的に誹謗されることは許されないというあまりに常識的な国際常識をぶっこわして、反日勢力により、日本があやつり謝罪人形にされてしまって、外交も破壊されたという、ここ数十年の歴史を直視し、日本に巣食う反日勢力のインピラが二度と日本の指導者をあやつり人形にさせないという覚悟が必要だと思います。
---
一旦休憩、(少し寝ます)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by kkagayaki2 | 2015-08-15 03:00 | 護国部屋 | Trackback | Comments(0)

e0206242_1301237.jpg

行橋市市議会議員 小坪慎也氏のブログからの転載です。
https://samurai20.jp/2015/08/abedanwa/
---
全文をじっくりお読みいただいた上で、小坪慎也の分析もお読みください。
転載致します。

---
重要なポイント

何点か、重要なポイントがある。
意外に見落としがちな点もあるため、まとめてみた。


謝罪は辞める。

>あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

この一行に、すべては集約されるだろう。
非常に高度なレトリックであり、サヨクやメディアに「配慮」しての、全てのワードを散りばめつつのテクニックであった。


言葉の無効化

今まで村山談話を始めとして、左派の政治観で語られてきた「言葉の定義」を崩すことに成功している。
特定ワードらを用いる必要があったのか否かは、私自身、回答を持たないが、
少なくとも言えることは「今までサヨクが使っていた言葉」の意味が変わることだけは事実だ。

上書き、リライトと言ってもいい。
この効果は、いまはわからない方も多いと思うが、「安倍談話をソース」とすればするほどに効果が出てくるように思う。


和解のアピール

戦前の世界観で言えば、米国と日本は敵国である。
実際、ひどいこともされた。

私としては忘れるつもりはないが、
しかし、それが友好の障害になるとは考えていない。
それが70年の時の流れの「明るい面の成果」であると信じたい。

本談話には、戦前・戦中における「敵国との和解」が随所に散りばめられている。


これで終わり

対中国、対韓国のみで「終わり」と取るべきではないだろう。
「これで終わり」と発信した対象は、欧州圏や米国に対しても言えることである。

日本は真の独立国であることを、戦勝国に向かって宣言しなおしているように感じた。
本当の意味での戦後の終焉を飾る言葉、国としての声明ではないだろうか。


保守思考の強い者からの懸念

余計な言葉が多々あるという点。
それは事実、そうだろう。


嫌な言葉

私自身、必要だったのかな、と思う言葉はある。
正直、「嫌だな」って思った部分はあるのだ、私人として述べるならば。
ただし、政治家として読み解く場合、必要性も同じく感じる。


慰安婦について

明言こそされていないものの、触れてはいる。
私人としての私は「そんなの必要ない!」と叫ぶが、
政治家としての私は「致し方ない」と理解も見せる。
この両者は、共に成り立つと考えている。

ようは、海外においてそこまでロビー活動を進められてしまった結果なのだ。
本当に「終わらせる」ためには、韓国を納得されるためではなく
欧米、言い換えれば、戦勝国らの「納得」が必要なのだ。

そういう状況にあることは、残念ながら認めざるを得ない。
朝日の誤報、従軍慰安婦の虚構を放置しすぎたツケだ。


敗戦国として

この文章は、どう見ても「敗戦国」として書かれている、私はそう感じた。
どことなく悔しさを感じたのは私だけだろうか。

仕方ないのだ、事実、我々は70年前、敗戦した。
その上で語られる以上、ポジションが「敗戦国」としての言葉であることは、致し方ない。
悔しくとも、それは政治的な背景として理解はしたい。
この点を認めるだけであれば、納得はできないが。
別の意図と目的を感じたゆえ、理解はしたい。


国のまつりごと

国会議員らで構成された内閣であり、そこには明確に外交が関連してくる。
地方議員である私は「国民・有権者に対して」の言及が主となるが
国としての動きは、他国を見据えたものであるべきだし、事実そうなっているように思う。

敗戦国である我が国が、その上で戦争をした「当時の敵国」に対して述べている言葉。
そう認識すれば、理解が早いように思う。
強い保守思考を持つ者たちの懸念は、
もっと言えば、苛立ちは、
恐らくこの部分から来ているのではないか。
(少なくとも私はそうだ。)

なぜ、必要なのか。

物事の筋道として、これが必要であった。
飾りとは言わないが、「戦争は本当に終わりだよ」「戦後も終わりだよ」と述べるにあたり、
嫌々というわけではないが、事実は事実として認めねばならない。

なぜ必要だったのか。
2点に渡って、その理由を触れたい。


謝罪は、ずっとするものではない。

冒頭の部分である。
私は、これを「日本国民のみに向けた談話」とは思っていない。

「戦勝国に向けて」「韓国らに謝り続けるのはおかしいと思っているよ、日本は」というメッセージに思えた。
外交的な武器、メッセージであり、談話の届けられた先が「日本国民ではない」という観点で読めば、様々な理解も進むように思う。


植民地について

これは、本当に踏み込んだと思う。
戦勝国らに対し、「あんたら、植民地政策しよったやんか!」というパンチである。
我が国の戦争の正当性が論じられる際、最も重要な部分となるだろう。
現在の、人権における考え方などにも影響してくる部分である。

逆に言えば「植民地政策について」や「輸出入の制限」に対して述べるにあたり、
敗戦国である我が国が、当時の戦勝国らに対して述べるにあたっては
かなりの「お膳立て」が必要であったと考えている。


談話の捉え方

日本国が、その代表である総理大臣が、談話を出す。
それはもちろん日本国民に向けて語られるべきなのですけれど、これは「外交的な武器」としての側面が強いように感じた。

繰り返しになるが、いまだ延々と「敵方の武器」として使われる村山談話や河野談話。
ここで使われている言葉の定義をすり替えることで、リライトし上書きすることで、一気に無効化していくこと。

戦勝国である欧米列強に対し、敗戦国としての物言いではあるが「戦後の終わり」を告げる文書。
その中には「輸出入などでの経済的な追い込みへの批判」「植民地政策への批判と解放・独立」が含まれ、かつ「いつまでも謝罪はしない」とメッセージを送る。

やはり対象は、日本国民のみとは思えない。
外交的な武器の側面が強いように思う。


今後の左翼・メディアの動き



そんなに難しいことはしてこないだろう。
ある意味では「いつも通り」である。

偏向報道を行ってみたり、歪めてみたり。
一部をトリミングして切り取ってみたり。


メディアによる攻撃

何パターンか想定される。
一つの可能性であるが、「談話への攻撃」である。

談話は良くない物として、例えば「中国様や韓国様が納得しない」という形で「懸念される」「懸念される」「懸念される」と延々と繰り返すというもの。

事前にネットで「全文が拡散」され尽くしておれば、恐らくメディアは迂闊には動けない。


トリミングして歪める。

例えば、「従軍慰安婦について論拠を固める談話だ!」として、
村山談話や河野談話の「仲間」として報じてしまうというパターン。
私はこちらの可能性のほうが高いように思う。

安倍談話は「言葉の定義のやり直し」が高次のテクニックとして含まれているため
今後の「我々の武器」となるはずなのだが、

「お前ら(保守層)の武器じゃない!」
「私たち(左派陣営)の武器だ!」と叫ぶというもの。

こちらも全文が拡散され尽くしていれば、効果は相当に薄れる。

談話について触れない。

3つ目の可能性。
あれほどに連日連夜「安倍談話、安倍談話、安倍談話」と報じまくった上で、ピタッと報じるのをやめる可能性。

まさか?と思う方もいるかも知れないが
ある意味では「いつもの動き」である。

都合が悪ければ、報道しない自由である。
こちらに対しての対策も、徹底的に「全文を拡散」しておくことだ。


政権批判

3つ目の可能性との合わせ技になるが、、、
安倍談話はスルーしたうえで、「何か悪いことはないか」と探しまくる。

古くはカップラーメンの値段で暴れまくったメディアである。
何をしてくるかわからない。

捏造してでも、何らかの攻撃をしてくる可能性は否定できない。
別角度からの攻撃も視野に入れておくべきだろう。

この対応も「安倍さんは、こんな素晴らしいことをしたから、メディアに叩かれてるんだよ」とできるよう、
【全文の拡散】を行っておくことが対策になる。

結論としては、全て同じ対応なのだが

本談話は「多くの人の目に触れること」で意味が出てくる。


どちらにせよ、拡散しかないわけだが

恐らく、読者の皆様も効果をなめている。

「なかったことにできない」という意味で

偏向報道へのカウンターとしては、異常なまでに強力な効果を発揮するのだ。


逆に「ネットのない状態」では、この談話は出せなかったと思う。

私は、安倍首相ではないが、仮に私がその立場であれば、情報ツールの発展を念頭に置いて動いたと思う。

談話の解釈も色々あっていいと思うが、

対メディアという意味では、周知しておいて損はないように思う。

以上の理由により、本サイトでなくてもいいので、【談話の全文】を徹底的に拡散して頂きたい。

---
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

by kkagayaki2 | 2015-08-15 02:31 | 護国部屋 | Trackback | Comments(0)