<   2011年 05月 ( 50 )   > この月の画像一覧


【産経抄】

「日本沈没」の予言はあたるか
2011.5.31 03:22
 政界の黒幕とされる老人が住む箱根の山荘に、京都から来た社会学者の福原ら3人の男が滞在している。昼間は散歩したり、ぶらぶらしているだけだが、夜は寝る間も惜しんで、日本の「未来」について話し合う。時折首相が突然訪ねて来て、話に加わることもある。

 ▼4月に政府が、東日本大震災の復旧・復興計画の青写真を描く「復興構想会議」を設置すると聞いたとき、冒頭の光景を思い浮かべた。小松左京さんが、38年前に発表したベストセラー小説『日本沈没』の一場面だ。

 ▼もっとも復興構想会議は、五百旗頭(いおきべ)真議長以下、メンバー15人の大所帯だ。政治学者、ジャーナリスト、被災県の知事らの顔ぶれをみると、議論は盛り上がっても、意見の集約は難しいのではないか。当初からささやかれていた懸念が当たったようだ。

 
▼現時点での目立った合意といえば、被災地での規制見直しや税制で優遇する「復興特区」の創設ぐらいだ。財源問題では相変わらず、「増税を検討」と「慎重に」の両論併記のままだった。6月末にまとめる予定の第1次提言にも、大きな期待は持てそうにない。


 ▼「日本人は、海底に沈む国土と運命を共にするしかない」。一度は極端な意見に落ち着きかけた福原らは、生き残った日本人の海外移住計画をまとめ上げ、精根尽き果てて倒れる。首相はそれをもとに、各国首脳と粘り強い交渉を重ねて、日本民族の存続を実現する。

 ▼平時には凡庸な人物と思われていた首相が、空前の危機に直面してリーダーシップを発揮する。想定外の規模の自然災害に襲われたとき、日本人はどのように対処するのか。『日本沈没』は優れた「予言の書」だが、現実との違いは大きい。
--------------------------------------------------------------------------------------------------
▼「日本人は、海底に沈む国土と運命を共にするしかない」。一度は極端な意見に落ち着きかけた福原らは、生き残った日本人の海外移住計画をまとめ上げ、


 日本人になり済ました反日外国人(南北朝鮮、じわじわ日本乗っ取りを実行しているシナ人+祖国からお払い箱になっている経済難民で溢れかえり、日本人も経済、個人主義にのみ陥っている現在とこの小説が書かれた頃の時代とは違うので、海外移住と言ってもどこの国に行くのか?どこに行っても反日シナ、朝鮮人はいて、反対活動をするだろう。生き残った日本人の中には成りすましもいるだろうから、また移住先で同じことを繰り返すのではないだろうか?

弱り切った日本へシナ、朝鮮半島、ロシアが押し寄せてくる。海底に沈む前に、別の意味で日本は沈没するのではないか。美しい富士山を始めとする自然の風景も伝統や文化もずたずたに切り裂かれ、破壊されるのなら、いっそのこと・・・・・。思ってしまうのは私や家族が年老いているからだろう。数が少なくても日本を守ろうとする若者が先ず立ち上がって、救ってくれればと一縷の望みも捨てていない。

この本が出版された頃は、「荒唐無稽なSF小説」だと読んでも見なかったが、読みたくなった。


e0206242_12541825.jpg

(被災された方が写した被災地から)

負けてたまるか!

寄生国は大喜び↓

【外信コラム】
ソウルからヨボセヨ 
「日本沈没論」の快感
2011.4.2 03:23
 韓国では昔から“日本沈没”論が大好きだ。この言葉の元祖ともいうべき小松左京の小説もすぐ翻訳出版されたし、近年の同名の日本映画もすぐ輸入上映されている。マスコミも何かというとすぐ「日本沈没!」といって快感(?)を楽しんできた。

 これは伝統的に日本をことさら“島国”といってバカにしてきたことと関係がある。北朝鮮は国連演説で日本を島国と非難し留飲を下げたつもりになっているが、自分たちが大陸につながる中華文明圏の優等生という“小華意識”の産物でもある。

 東日本大震災は当然、こうした日本観を刺激する。マスコミには早速、「日本沈没!」が登場したのだが、あまりの大災難だったせいかマスコミ内で「隣国の災難にそれは品がない」と自己批判が起きた。沈没論は快感だったからだ。

 その後、マスコミが先頭に立って「日本がんばれ」キャンペーンを展開し大募金運動になったのだが、今度は日本の教科書検定の結果、領土問題の部分で竹島(韓国名・独島)を日本の領土とする日本の公式立場が記述されているのはケシカランと、また大騒ぎしている。

 「あんなに日本を思ってあげているのに…」と不満なのだ。しかし日本は“沈没”の危機なのだから領土問題ではこの際、韓国が日本に譲ってはどうかな。(黒田勝弘)

--------------------------------------------------------------------------------------------------
反日に勤しむ癖に日本には大挙して押し寄せ、借金をしまくり、返さずの国が「日本沈没」に大拍手。阪神の時も大手の新聞社が「喝采」の記事載せましたなぁ。
日本がなくなればどこに寄生するんだか。シナは日本ほど甘くない。北朝鮮みたいになるのが関の山。わかってないから反日やってるんでしょうけど。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by kkagayaki2 | 2011-05-31 12:58 | 東日本大震災 | Trackback

被災地は未だ大荒れ

e0206242_23572140.jpg

この写真を撮った頃は(5月29日)小降りでした。
e0206242_0243284.jpg




e0206242_0252247.jpg

歩いて15分もしないうちに激しく降りだし、昨夜から朝にかけて降り続きました。






e0206242_0264417.jpg








e0206242_0274955.jpg

今日一日は曇り、時々ポツリ、ポツリの状態。
寒い日でした。この画像見ると余計寒く感じますね。



やっと関東は明日からお天気、と喜んでみたら、


東北は大雨、しかも記録的ということ。
一難去って、また一難ですね。
二次災害が起きませんように!



被災地などで記録的大雨と強風 低気圧と前線で荒れ模様

2011.5.30 22:28

 東日本大震災の被災地・東北から西日本の広い範囲で大雨や強風で荒れ模様となった30日、気象庁は地震やこれまでの雨で地盤が緩んでいる所もあるため、引き続き警戒を呼び掛けた。

 福井県おおい町で24時間雨量が370.0ミリなど、福井、滋賀、京都、徳島の1府3県の計8地点で同雨量が観測史上最多、東北から四国にかけての100カ所を超す観測点で5月として最多(過去タイ含む)となった。1時間雨量も仙台市38.5ミリ、岩手県久慈市17.5ミリなど、最大瞬間風速は宮城県石巻市の34.5メートルなどが5月としていずれも観測史上最大を記録。

 気象庁によると、低気圧は関東の東海上を進んでおり、31日にかけて東北の太平洋側や関東で非常に強い風が吹く見込み。さらに31日~6月7日は大潮で、地盤沈下した東北の太平洋沿岸は冠水・浸水被害が起きる可能性が高まっている。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by kkagayaki2 | 2011-05-31 00:05 | 花 植物 | Trackback

e0206242_1231370.jpg

震災後一ヶ月目の頃から、被災地でのクレーマーの話は出ていました。ボランティアに対する嫌がらせみたいなものも聞いています。

人間いろんなタイプの人がいるのですから、テレビの画面から被災者が「皆さんには感謝しています」と語る映像を見て、「被災者はすべて善人」と思った人も
多かったことでしょう。クレームをつける人は少数ではあっても、確かにいるのです。

朝早くにこの記事を見つけて思わず涙しました。
大変な状況ではあると思いますが、支える側の立場に立って考えてもらいたい、そして、自分が被災者の立場に立った時にも必要な記事だと痛切に感じた次第です。

e0206242_18455461.jpg


以下
「依存症の独り言」さんのブログより転載

 被災者支援に奮闘する側の気持ちをもっと理解しよう。


人間には色んなタイプがいる。
東日本大震災の被災者たちは、その冷静さと秩序正しさで世界中から称賛された。
が、中には自己中心の人間もいる。
それは一般社会でもそうなのだから、当たり前のことだ。
特に被災者は避難所生活でストレスがたまり、普段は冷静で温厚な人も、つい感情的になってしまうこともあるだろう。

確かに被災者支援は行政の責任であり、彼らが行政に注文を付けるのは当然だと思う。
が、それでも感謝の気持ちはなくしてほしくない。
支援・救援する側は任務とはいえ、被災者の心情を思いやりながら業務を遂行している。
同じ位置には立てないが、できるだけ被災者が直面している困難を少なくしたい、と思い頑張っている。
それを「仕事だから」と当然視しないでほしい。

私たちも同様だ。
自衛官や海上保安官、警察官、消防士、医師、看護師など、現地で奮闘している人たちを「それが仕事だから」と冷めた目で見るのはやめよう。
彼らは、危険と背中合わせで困難と格闘しているのだ。
被災者だけではなく、私たち一般国民の「ありがとう」という言葉が、いかに彼らの励みになるか、そこを考えてほしい。

私たち人間には想像力がある。
他人の痛みを丸ごと理解はできないが、その一部を思いやることはできる。
であれば、被災地の状況、被災者の心情を思いやるとともに、彼らを支援・救援するために苦闘している人たちの気持ちも推察するべきである。

私は、被災者の中からクレーマーが現れることを危惧していた。
支援されるのが、救援されるのが当たり前だ、それが自分たちの権利である、という主張には一理ある。
が、そこに人間としての“情の交流”がなければ、その支援や救援はかえって機械的になってしまう。
どこまで行っても、思いやりと感謝の気持ちを忘れてはならないのだ。
にもかかわらず、それが解らない人たちも残念ながらいる。

以下は、陸自の須藤彰政策補佐官の日誌である(抜粋)。

e0206242_18465250.jpg


◆3月28日(月)
本日は大臣(北沢防衛相)から(宮城県)女川町の14旅団の「風呂隊長」たちに声をかけていただき、私も大感激でした。彼らは、避難所の人たちに少しでも快適に生活してもらおうと、自分は風呂に入らず、毎日準備に追われています。

入浴や生活支援の担当は、被災者と接する「最前線」です。不安や悲しみを抱えながら、長い間大勢で暮らす皆さんのストレスのはけ口が、部隊に向かうこともしばしばです。風呂隊長には「湯を熱く」「ぬるく」「風呂をきれいに」「時間が短い」など、多くの苦情が寄せられます。

隊長たちもよくわかっています。自分たちに文句を言って少しでも気が紛れるならそれでいい。何より、自衛官としての矜持(きょうじ)があります。自分がいるのは今、この時のため。風呂に入れなくても、缶飯だけでも文句のあろうはずはない。毎日税金を使って教育・訓練の生活を送らせてもらってきた。その恩返しをしないといけない。そういう強い気持ちがあります。

しかし、彼らが一番こたえるのは、上官らからの不信の目です。被災者からの苦情が政治家などを通じて回り、直属の上官らから詰問されると、さすがに泣けてきます。最もよく理解しているはずの上官に疑われるのでは、「自分の流した汗は無意味だったのか」とやり切れない思いになります。大臣の激励は彼らに再度強い自信を与えたはずです。

〈陸上自衛隊東北方面総監部の須藤彰政策補佐官の日誌から抜粋しています〉

[東日本大震災・陸自日誌](6)訓練はこの時のため
(2011/05/26 読売新聞)

画像説明━海自の輸送艦「おおすみ」に特設された被災者のための大型風呂


「風呂に入れなくても、缶飯だけでも文句のあろうはずはない」自衛官に苦情を言う。
それも「政治家などを通じて」クレームを付ける。
いい加減にしろ!と言いたい。
文句があるなら、その場で面と向かって言え!と思う。
自衛隊が政治家に弱いのを知っていて、そういう所業に出る輩を私は許さない。

そういう人間には次の日誌を読んでもらいたい。
e0206242_18474531.jpg


◆4月2日(土)
航空自衛隊の救難機に乗り、気仙沼沖10マイル(16キロ)四方を捜索してきました。1日から3日間、在日米軍などと協力して行う行方不明者の沿岸部集中捜索です。約4時間飛行しましたが、結局、私の乗った救難機は遺体を見つけられませんでした。空自全体で本日は13機が捜索しましたが、発見は3体のみ。自衛隊と米軍の合計は、24体でした。

よく見かける光景になりましたが、部隊が捜索中、多くの家族が沼地を掘り進める作業などを見守っています。時折、腕や足が出てきますが、震災後3週間もたっており、引っ張り上げるわけにはいきません。全員で丁寧に周囲をかき分けて、時間をかけて遺体を取り出します。一日中やって、多くて1体、見つからない日もあります。

見守る家族が「成果」がない、と怒るかといえば、むしろ逆です。遺体が見つからなくても、「今日は本当にどうもありがとうございました」と、感謝の声をかけてくれます。毎日同じように作業を見守り、お礼を言って帰る家族も多いそうです。勝手な想像ですが、3週間がたち、家族にとって今は心の整理の時期なのではないでしょうか。
e0206242_18492398.jpg


〈陸上自衛隊東北方面総監部の須藤彰政策補佐官の日誌から抜粋しています〉

[東日本大震災・陸自日誌](7)遺体なくとも「ありがとう」
(2011/05/27 読売新聞

画像説明━がれきに覆われた水田の中、行方不明者を捜す自衛隊員

―見守る家族が「成果」がない、と怒るかといえば、むしろ逆です。遺体が見つからなくても、「今日は本当にどうもありがとうございました」と、感謝の声をかけてくれます―
声をかけるほうも、かけられるほうも辛いだろう。
なんか、泣けてくるね。

そう言えば、3月に読んだ毎日新聞にも同じような話が載っていた。
海保の潜水士たちによる行方不明者捜索に関する記事だった。
「人命救助より、(生きている人が)区切りをつけるための捜索になっている。命を救えなくても、感謝される。これはつらいし、悲しいことだよ」
陸上で指揮した海保幹部の言葉である。

被災者の皆さんも、辛いしストレスも募るだろうが、支援・救援する側の気持ちも少しだけでいいから解ってやってほしい。

お願いします。

e0206242_1850295.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by kkagayaki2 | 2011-05-30 12:45 | 東日本大震災 | Trackback

e0206242_0343538.jpg


いろんなことがあり過ぎて、何を信じたらいいかどうにもわからなくなって
もう神経が麻痺してしまっている今日この頃。

それでも、民主党と言う党は日本崩壊を目指していることだけは
ハッキリしているから、自民党には、どんな形でもいいから菅政権打倒→民主党解体にまで
持って行ってもらいたいと思っていた。

何て言うか、野党の不信任案総数+小沢系○名などと言うのも賛成できないが
この際仕方がない。その先が解散総選挙になってくれればいいと願っていたのだが、

NHKのニュースでの谷垣総裁の発言聞いてびっくりしました。

この谷垣総裁ってのはリベラルでどっちかと言うと民主党寄りの考え方に近い上に、
どうにも人が良すぎる。

公明党に押されて、押されて、やっと腰を上げたと思ったら、
「総選挙は不謹慎」だと。

前原も同じ発言をして小沢派を批判していますけど、この人、小沢の誕生会に出
席していませんでしたか。(;一_一)


じゃぁ、いつなら「不謹慎」が解除されるんですか?
こんなめちゃくちゃな内閣で復興が遅れているってことわかってんの?
民主党は「こんな時ではない」と被災者を人質にして延命を図ってるだけだって
十分知ってたんじゃなかったんですか?

しかも、復興を遅らせている陰でシナ・朝鮮の為にはやることが偉く早い。
恐ろしいですよ。日本にシナ人をどんどん呼び込むつもりですよ。


増税、増税で国民がこれから苦しむ、たかり屋、やくざ国家の中国、南北朝鮮、
ロシアは弱り切った日本を奪おうとしているんだから、政権交代させないと日本

がなくなってしまうというのに、何してるんですか!

こんな内閣引きずり降ろして→総辞職→総選挙でいいんですよ。


こんな発言、民主党とお仲間のマスゴミ喜ばすだけでしょうが。

明日からはテレビでは

こんなことやっている時じゃない

選挙なんて被災者に失礼だ

落ち着くまで民主党に頑張ってもらおう(菅内閣ではありませんよ)



の大合唱になるのは目に見えています。



谷垣総裁 “解散”発言を批判

5月29日 16時26分
自民党の谷垣総裁は佐賀市であいさつし、菅内閣に対する不信任決議案の早期提出に意欲を示したうえで、衆議院の解散・総選挙の可能性に言及する民主党幹部について、「東北3県はまだ県議会議員選挙もできていないのに、そんなことができるのか」と述べ、不謹慎だと批判しました。

この中で谷垣総裁は、菅内閣に対する不信任決議案について、「与党内からは『菅総理大臣ではどうにもならない』という声が次から次に出ている。こういう状況に、野党としては必ずその責任を果たして、勝負を挑まなければならない」と述べ、早期提出に意欲を示しました。そのうえで、谷垣総裁は「菅総理大臣の周辺は『決議案が可決された時は選挙だ』と解散権をちらつかせているが、東北3
県はまだ県議会議員選挙もできていないのに、そんなことができるのか」と述べ、衆議院の解散・総選挙の可能性に言及する民主党幹部の発言は不謹慎だと批判しました。また、石原幹事長は、北海道北見市で講演し「今の内閣は統治機構として機能していない。復興・復旧に対して何も手を差し伸べない政権は国家・国民のためにならず、一刻も早く辞めていただかなければならない」と述べ、不信
任決議案の可決を目指す考えを強調しました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110529/t10013182281000.html

不信任賛同は被災地に無礼…前原氏が小沢系批判.

民主党

 野党側が衆院に提出を予定する内閣不信任決議案への対応をめぐり、与野党から29日も発言が相次いだ。

民主党の安住淳国会対策委員長はNHKの番組で、同決議案を「否決する自信がある」と強調した。同党の小沢一郎元代表を支持するグループが同調する構えを強めていることについては、記者団に「有権者を裏切り、自ら与党を否定する話だ。自分の選挙区で対立する(野党)候補者を利することにもなる」と語り、強くけん制した。

 岡田幹事長も三重県川越町で記者会見し、「出てくれば粛々と否決し、早く次の局面に行きたい」と語った。前原誠司前外相は福岡市内での街頭演説で、「党内から賛同すると言われている議員がいることは(東日本大震災の)被災地に無礼だ」とし、小沢系議員の動きを批判した。

(2011年5月29日20時45分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110529-OYT1T00598.htm


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by kkagayaki2 | 2011-05-30 00:35 | 政治に関する独り言 | Trackback

猫と話そう

雨の日は妙に落ち着いていろんなことが捗る日
e0206242_1858090.jpg




明日は午後から晴れるそうで
そうなると蒸し暑くなるのかな(・_・;)
e0206242_23375252.jpg





昨日も今日もゆったりのんびり
e0206242_23385819.jpg





ゴロンゴロン出来て良かったねぇ
e0206242_2340052.jpg





気難しい子が優しい顔になって
e0206242_23413218.jpg





やっぱり癒してくれるのは
e0206242_23421773.jpg





ニャンコだ 明日も宜しくね
e0206242_2343217.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by kkagayaki2 | 2011-05-29 19:01 | ひとりごと | Trackback

雨 雨 雨


e0206242_1461797.jpg

雨の日の猫はとことん・・・・・






眠くないのです
e0206242_10521694.jpg






e0206242_10524293.jpg

e0206242_105364.jpg
e0206242_10532784.jpg




はい、お疲れさん!(●^o^●)


IE9にしたら、調子最悪(・_・;)→本日回復
これにて終了

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by kkagayaki2 | 2011-05-29 01:51 | 猫 犬 動物 | Trackback | Comments(3)

10年使ったエプソンが壊れてしまい、修理は出来ず、
新プリンターの登場となった。
初めてのhp製。

メリット
・価格が安い
・ワイアレス(これは必要なし)
・コピー、スキャンOK
デメリット
・ただし、写真プリントに凝る人はキャノン、エプソンに劣るので
お勧め出来ない。
・インクカートリッジが高い(これは他社も同じか)

写真プリントは余りしていないし、殆ど文章やHPからのプリントなので
これで十分。

段ボールの中に大きな袋、小さい袋にはコードが入っていた。
エコバッグに使える(●^o^●)
e0206242_12492442.jpg
e0206242_1249564.jpg




頭が重くなる出来事
e0206242_12561860.jpg



二週間ほど連絡が途絶えた友人、
どこか旅行にでも行ったのだろうかと、
恐る恐るメールをしてみたら、
「4月分の携帯代が高額になりましたのでメールを控えております」
との返信。

(・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)(・_・;)

いつもはこちらも控えていたのだが、震災以来結構画像をバンバン
送っていたっけ。過去歴をひっくり返しておおまかに計算しただけでも
凄い金額。

こりゃぁ、大変だ!
長い付き合い故、怒りは抑えている模様だが、内心怒りでいっぱいなんだろう。

お詫びのお手紙と全額はちと無理だが、お金も送らなくては!
本当に気をつけなくてはいけない。

恐るべし、パケット料金。
家族同士の分け合いも出来るわけでもないし、
他人には特に気を使わないと。


反省しております。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by kkagayaki2 | 2011-05-28 13:03 | ひとりごと | Trackback

東京駅で


5月19日、被災地の知人が上京した。
震災以来初めて娘夫婦の家へ行く前に、
東京駅で会った。
元気そうだが、ご近所の人、サウナ仲間も半分以上が
亡くなったそう。
e0206242_23281522.jpg
e0206242_23285329.jpg



震災後一週間は電気、水道などは使えず、
テレビがついて、やっと被害の状況を知ったそうです。
助かった一家ですが、今でも水は充分に用意してあるそうです。

とにかく、無事な姿を見て安心しました。


時間も余りなく、地下街をちょっと歩いて帰って来ました。
地上に出なかったなんて初めてのことでした。
e0206242_2331870.jpg









e0206242_23321179.jpg









節電で暗い地下街
e0206242_23332616.jpg










e0206242_2334147.jpg










ホームの暗さと青い空が対照的。
暑い日だった。
e0206242_23365396.jpg










e0206242_23373335.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by kkagayaki2 | 2011-05-27 23:39 | 都心 | Trackback

立川 アットランダム


あそこ行って、ここ行って、
いつも同じコース(;一_一)
のこの街

e0206242_2371614.jpg










色合い、デザイン、お気に入りがいっぱい
まだまだカジュアルが着たいお年頃の
中高年だらけだった(●^o^●)
e0206242_2310273.jpg
e0206242_2310334.jpg
e0206242_2311477.jpg



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by kkagayaki2 | 2011-05-27 23:11 | 街 町 | Trackback

くるくるくるりん

くるくるくるりん 竹トンボ?
e0206242_197856.jpg









赤いプロペラ 風に吹かれて くるくるくるりん
e0206242_1995887.jpg








あっちでくるりん
e0206242_19115486.jpg







こっちでくるりん
e0206242_1913771.jpg








自然のミラーボールだよ、皆集まれ!
くるくるくるりん
e0206242_19142975.jpg








弾けて くるりん くるりんぱっ
e0206242_1916155.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
by kkagayaki2 | 2011-05-26 19:16 | 花 植物 | Trackback