自民党が単純労働者の受入れ容認へ!首相に提言・政府は永住権取得を短期化!大量移民受入れ時代へ

自民党が単純労働者の受入れ容認へ!首相に提言・政府は永住権取得を短期化!大量移民受入れ時代へ
ーーー
http://www.sankei.com/politics/news/160426/plt1604260005-n1.html
自民特命委「単純労働者」の受け入れ容認へ 外国人労働者受け入れに関する政府への提言案概要判明
2016.4.26 05:00更新、産経新聞

 自民党の労働力確保に関する特命委員会(委員長・木村義雄参院議員)が外国人労働者の受け入れ拡大に向け、政府に示す提言案の概要が25日、分かった。政府がこれまで原則として認めていない建設作業員などの「単純労働者」の受け入れを「必要に応じて認めるべきだ」として容認し、外国人労働者政策の抜本的な転換を求める。

 政府は外国人労働者について、大学教授や経営者、高度な技術者など「国の利益になる高度な人材」の受け入れを進める一方で、単純労働者の受け入れには慎重な対応を続けてきた。

 特命委の提言では、単純労働者について「その概念自体をなくす」とし、「移民」以外の外国人の受け入れを基本的に認めるよう求める。

 2020年代には介護分野で25万人、建設分野では77万~99万人の労働力が不足するとの推計もあり、安倍晋三首相は平成27年10月の国家戦略特区諮問会議で「外国人を積極的に受け入れ、総合的に在留資格を見直す」との考えを示している。ただ、単純労働者の受け入れ拡大については、治安の悪化や居住地域での日本人とのトラブルなどを懸念する声は多い。特命委は5月中に首相に対し提言を提出する考えだが、提言のとりまとめまでには曲折も予想される。

 特命委は、政府内で統一的な定義のない「移民」についても「入国時に在留期間の制限がない者」との独自の定義を近く示し、国民に抵抗感の強い「移民政策」には踏み込まない考えを明らかにする方針だ。
---
続 亡国の特命委員会(三橋氏のブログより)
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12153346758.html

「非常に姑息なのですが、「移民」という言葉について、国連人口部定義の、
「出生あるいは市民権のある国の外に12カ月以上いる人」
 ではなく、勝手に、
「日本入国時に滞在の期間が決まっていない外国人」
 と定義し、
「滞在期間が定まっている外国人は移民ではない」
 という強弁で乗り切り、移民を大々的に受け入れようとしています。しかも、滞在中の期間更新や永住権取得ができるのでは、これは実質的にも名目的にも、外国移民受入政策です。

 賭けてもいいですが、今回の熊本・大分地震も、移民受入に「活用」されることになります。復興のためには、人手が必要だ。だから、外国人労働者の受け入れも仕方がない、といった無責任発言を、政治家が平気で口にする国なのです、我が国は。
 本当に情けないのですが、木村参議院をはじめ、亡国の特命委員会の委員たちの頭は「18世紀以前」のままです。」

abe_foreigner.jpeg

いつもの抗議先はこちらです。

自民党支持イコール愛国だと信じて疑わないような、朝日新聞脳と同じレベルの脳内お花畑には、どんどんこうした話を広めてやりましょう。えっ、安倍政権の代わりに誰がいる?本当に国を思うなら、「消去法で自民党」などと、新聞やテレビしか知らない層と同じようなことを言っているのではなく、「国益派の政党を出現させるべき」と世論を盛り上げるのが、正しい国益派の姿ではないでしょうか。
ブログランキング・にほんブログ村へ
外国人を差別しないようにヘイトスピーチ禁止法案を先に
つくり、そのうえで大量に外国人を呼ぶんでしょうか?
断固反対!
続く

トラックバックURL : http://kkagayaki2.exblog.jp/tb/24334868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkagayaki2 | 2016-04-27 11:50 | 護国部屋 | Trackback | Comments(0)