7年ごとの記録 イギリス版 56才になりました。後編 23時からNHK教育

7年ごとの記録 イギリス版 56才になりました。
e0206242_7543111.jpg

英国のテレビ局ITVが開発した“7歳の子どもを7年ごとに取材する”長期ドキュメンタリーシリーズ。イギリス取材は8回目を数え、かつての子供たちも56歳に。後編

番組内容

イギリスでおよそ半世紀をかけて取材した、7歳の子どもたちのその後。どのようにして人格は作られるのか? 思春期、社会での奮闘や挫折…。平凡な人生なんてない! 圧縮された人生のドラマを、カメラが映し出す。「7年ごとの記録 イギリス56歳・後編」


最近は、テレビは天気予報や災害関係後はスポーツ中継(国際大会)ぐらいしか見ていないのですっかり忘れていた。
たまたまテレビ番組を見て懐かしく思った。この番組、7才のときから42才までは覚えていた。
特に、28才でホームレスになり、42才で無報酬の議員になっている男性が印象に残っていた。
----
1964年、イギリスのテレビ局・グラナダテレビ(現・ITV)は、地域・階級・社会的背景が異なる7歳の子どもたち10数人にインタビューしました。工業地区で生まれ育つ子、名門私立小学校に通う子、養護施設で過ごす子・・・。子どもたちは、自分たちの生活、学校、遊び、家族、友達、将来の夢などについて、飾らない言葉で語りました。
その7年後、14歳に成長した彼らを、再び取材。そしてまたその7年後21歳になった彼らにも、また7年後の28歳のときにも・・・。
こうして、グラナダテレビは、7年ごとに同じ人物を取材し続け、彼らは今、56歳になりました。現在継続取材を受けているのは13人。取材開始から半世紀経ち、彼らは自分の人生について、何を感じ、これからどう生きたいと思っているのでしょうか。
ITVよりフォーマット購入したNHKが、日本版シリーズの第4弾「28歳」の放送を行うのに合わせて、「イギリス版56歳」と、日本とほぼ同時期に制作を行っている「旧ソ連版28歳」を購入し、再編集して放送します。

「イギリス版 56歳」 〔13人を継続取材〕
・リバプールの郊外で育った二―ルは、仕事が長続きせず、28歳でスコットランドでホームレスに。その後42歳の時にはロンドンの区議会議員に。
・ロンドンにある名門私立小学校に通っていたアンドリューは、ケンブリッジで法律を学び弁護士となるが、49歳で大手企業に転職。
・工業地区で育ちのリンは、公立進学校に進み図書司書の仕事に就く。障害児教育に情熱を注ぐ。
・養護施設で育ったサイモンは、二度の結婚をして、自身の子と連れ子、里子合わせて6人の子どもを持つ。

----
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://kkagayaki2.exblog.jp/tb/21032847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkagayaki2 | 2013-09-06 22:09 | テレビ 映画 | Trackback | Comments(0)