国交断絶いつやるの?今でしょ!

ゴールデンウィーク中の安倍内閣の閣僚による外遊先
安倍首相 
ロシア、サウジアラビア、UAE、トルコ
麻生副首相 
インド、スリランカ
甘利経済再生担当相
ベトナム、シンガポール
新藤総務相 
インドネシア
林農水相
ベトナム、インドネシア
岸田外相 
メキシコ、ペルー、パナマ
茂木経産相 
アメリカ、コロンビア、ブラジル
小野寺防衛相、山本沖縄北方担当相、古屋拉致担当相 
アメリカ
根本復興相 
ウクライナ
下村文科相
アメリカ、イギリス、アイルランド

見事なまでの特亜スルーです。
安倍首相は40の企業のトップからなる経済ミッションも
同行させているとのことです。
エネルギー、医療、農業など訪問先の国で協力を結んでくる予定です。
(覚書も交わす予定)
進む脱特亜http://ttensan.exblog.jp/18662593/
より転載。
----
いい仕事してますね。安部内閣。もしかして、特亜からの「国交断絶宣言」が出るのを待っているのではないかと。
理想の世界地図をご覧ください。(*^_^*)
東アジア図
e0206242_229521.png


脱特亜図
e0206242_221010100.png

豊臣秀吉が半島に侵略したから、謝罪と賠償をなどと言う、基地外国家(じゃないね)
とは早く縁がきれますように!
靖国参拝と首相発言を糾弾=韓国国会が決議
時事通信 4月29日(月)16時59分配信

 【ソウル時事】韓国国会は29日の本会議で、麻生太郎副総理ら閣僚の靖国神社参拝と安倍晋三首相の歴史認識をめぐる発言を糾弾する決議を採択した。賛成238票、棄権1票だった。
 決議は「一部閣僚と多くの国会議員がA級戦犯が合祀(ごうし)された靖国神社を参拝し、首相らが侵略戦争を否認する発言をしたことは、未来志向的な韓日関係と北東アジアの平和に深刻な影響を与える」と非難。これらの行為の中止と、心からの謝罪を求めた。
 その上で、韓国政府に強力な対応を要求、国際社会にも問題の深刻さを認識し、共同で対処するよう求めた。
 安倍首相は23日の国会答弁で、「侵略の定義は国際的に定まっていない」と述べた。

----
炬燵猫 ‏@chabozu999 1時間

いっそのこと断交を決議してみろ!靖国参拝と首相発言を糾弾=韓国国会が決議(時事通信)

野バラ ‏@kingofkingissui

又、これを口実に金をタカるのか?
ここは南朝鮮ではない、日本だ。いちいち内政問題に口を挟むな。馬鹿者が!
南朝鮮の悪事・非道は山ほどある。
世界も知っている。

パ〜やん ‏@paryan123 2時間

ハイハイ‼
それじゃあ日本が貸してる60兆円の借金を即刻返して、在日寄生虫を引き取って、明日にでも国交断絶して下さい‼
韓国が滅亡しても日本は一切困らないどころが、ユスリタカリパクリが無くなってスッキリするわ‼

MurasakiLight ‏@murasakilight 2時間

靖国参拝は日本人としては当然のこと。外国が批判するのはお門違い。そんなことをわざわざ報道する必要はないのではないか。  RT 靖国参拝と首相発言を糾弾=韓国国会が決議(時事通信)

あさぎり170 ‏@asagiri170 3時間

日本政府:「ふ~ん、それで?」。韓国国会:「ぐぬぬ・・・」>>靖国参拝と首相発言を糾弾=韓国国会が決議(時事通信

----
靖国神社参拝を朝日新聞がご注進~シナが騒ぎ始める~問題化してからだよん。
----
1959年
靖国神社が「公務死」と認定された「戦犯」を初めて合祀

1978年10月
天皇陛下にA級戦犯合祀が上奏され、秋季例大祭前日の霊璽奉安祭で合祀

1979年
大平正芳首相が春と秋の例大祭に靖国を参拝し、国内メディアは合祀と首相の靖国参拝について執拗に報道。


大平正芳首相
1979(昭和54)年から1980(昭和55)年にかけて靖国神社を3回参拝。
(1979年4月21日・同年10月18日・1980年4月21日)

1979年12月
大平正芳首相は夫人を伴って支那を訪問、支那は大平正芳首相を熱烈大歓迎。「中日友好医院」建設、対支円借款などを約束


鈴木善幸首相
1980(昭和55)年から1982(昭和57)年にかけて9回参拝。
(1980年8月15日・同年10月18日・同年11月21日・1981年4月21日・同年8月15日・同年10月17日・1982年4月21日・同年8月15日・同年10月18日)

1982年9月
鈴木善幸首相が支那を訪問、(北京政協礼堂で)日支国交正常化10周年記念講演


中曽根康弘
1983(昭和58)年から1985(昭和60)年にかけて10回参拝。
(1983年4月21日・同年8月15日・同年10月18日・1984年1月5日・同年4月21日・同年8月15日・同年10月18日・1985年1月21日・同年4月22日・同年8月15日)

1984年3月
中曽根康弘首相が支那を訪問、「日中友好21世紀委員会」発足、4700億円の円借款供与で合意
━━━━━━━━━━

上記のように1978年に、いわゆる「A級戦犯」合祀後も、日本の首相はマスコミが報道する中で靖国神社を参拝していたが、支那も韓国も嫌がっていなかったから何の異議申し立ても行なわなかった。

支那や韓国が日本の首相の靖国参拝に文句をつけ始めたのは、朝日新聞が支那をそそのかした後の1985年以降だ。

e0206242_21491820.jpg

coffeeさんの日韓国交断絶国民大行進in浅草・朝日新聞「日本と韓国、歴史認識で向き合い信頼きずけ」・嫌だ!から転載しました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://kkagayaki2.exblog.jp/tb/20401815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkagayaki2 | 2013-04-29 22:18 | 護国部屋 | Trackback