大気汚染の影響? 山並み 

2月2日に撮ったものです。
e0206242_2055771.jpg



暑い日でしたね。天気もよかったのに・・・・・。
e0206242_20562875.jpg



e0206242_2057296.jpg

誰かのツィッターで、マスコミが煽った後は、日本が環境保護で支援することになると言ってましたが、そのとおりになりそうですね。日本から多大な援助を受けながら、歴史をねつ造し、反日教育をする。こんな国と友好を結ぶ必要はないと思う。
湘南のジョン・レノンさんの記事をお読みください。
中国からの大気汚染 2006年6月2日記事再投稿
(省略)
上記の写真の報道記事では、周りの家々は煤で真っ黒、廃液は出し放題、本当に悲惨な状況だ。具体的に言うと、ここは山西省の临汾という場所の「三家コークス化学工場」というようだ。こんこんと黄色い煙と黒い煙を交互に排出し、付近の上空は汚染された煙の雲に覆われている。山西省は汚染地域でも有名だ。

 また、あたりの空気の臭いも鼻をつくような感じらしい。この工場が出す廃液も黒色と化したため、それらを流されてしまった川は、ヘドロが堆積し非常に臭く、水も黒く濁ってしまった。「三家コークス化学工場」の近くにある村にある田畑も黒い煤で覆われているということだ。この「三家コークス化学工場」が操業を停止したとしても、環境の回復は困難であると言う・・・。

 この記事で呆れるのは、記事を取材した記者に対し、同行したお役人が「お金」を渡そうとして隠匿を図ろうとしたことが記されている。それは共産主義国家で随時行われている光景だ。賄賂・収賄、「金こそは全て」。日本以上に腐敗した政府お役人達。モラルの低さと言ったら、最低の部類に属すだろう。何でこんな国が国連の常任理事国であるのだろう。非常に疑問だ。

 日本の北西に位置する中国からは、以前にも増して汚染物質にまみれたチリが偏西風に乗って、日本本土に運ばれてくる。硫黄酸化物(SOx)の排出は日本では厳しく制限されているが、中国では無法地帯と化しているので排出し放題だ。現在も石炭を主燃料として使用し、それも何のフィルターにかけていないため、SOxを周囲の国々に撒き散らしている状態だ。

 その結果、酸性雨が発生するのだ。それは、いろいろな被害をジワジワと及ぼしていく。小さなガンのように徐々に蝕んでいくのだ。酸性雨のため、山々の木々が枯れてしまう、重金属が溶け出してしまう等の自然環境にとって、非常に脅威的で恐ろしいことなのだ。それは生態系に及ぼし、その頂点にある人間にも必ずしっぺ返しがくることになる。
(写真省略)
上の写真を見て驚いた。中国の二酸化窒素の排出が異常に高くなっているのが、一目瞭然だ。やはり環境制御技術が無いところで起こした無理な工業化。化石燃料を公害の元凶だった「石炭」でまかなっていること。これが最大の問題だろう。中国は暖房も、いまだに石炭で行っているので、どれだけの石炭が消費され、どれだけの汚染物質を撒き散らしている結果になっているか・・・。もはや、中国自国内で勝手にやってくれれば済む問題ではない。

 発電所や各工場に脱硫設備を付け、汚染物質を排出するのを抑えなければ、日本人も中国の無理な工業化が原因の公害病が発生する可能性が高くなると思う。日本人が近い将来、30年40年50年前、かつて体験した悪夢を再現させてしまう危機を迎えていると思う。それも日本国内が原因でなく中国が原因だとしたら余計許せない話だ。

 ここ10年足らずの間だが、春先に必ず真っ黒な煤を含んだ雨が降るようになった。昔はほとんどそのようなことはなかった。これも気になり、いろいろ調べてみたが、やはり春先は高気圧などの関係で、中国上空の大気が日本列島を覆いやすくなる時期のようだ。冬の間、高気圧にブロックされていた汚染された大気が、暖かくなると一気に日本に入ってくるのだ。

 これは非常に危険だ。中国の覇権主義の前に、日本人全体が公害物質により弱らされてしまう危険性が高い。決して偏見や大げさな話ではないと思う。中国政府は公害問題にほおかむりし、軍拡路線拡大のため、軍事費に莫大なお金をかけている。そのお金を環境のために回せば良いものを、自国の国民を公害病で苦しませるだけでなく、日本などの周りの国々に対しても同じようなことを行ってきている。それは放っておくと、ますます酷くなることは目に見えている。
 
日本政府は、この中国国内の公害問題を世界の問題として再度強く提起し、中国国内の各工場の環境整備化に対する技術や設備の設置を訴えていくしかない。ODAの問題もあるが、技術の供与や設備の充実もある程度は仕方ないだろう。日本の国民の健康には変えられないのだから。

 ただ、そのときも強く世界や特に中国国内、中国人民に対し、「日本は中国にこれだけのことをしてあげている」ということを、今までと比較にならない位大きく宣伝していかなければならない。そうしないと、中国政府(中共)はいかにも自分で行ったということを自国民に宣伝・洗脳することは間違いないだろう。

 独裁主義・共産主義の自国民への洗脳術は非常に長けている。この壁を突き崩すのは容易ではないと思うが、今まで日本が中国にどれだけのことをし、どれだけの貢献をしてきたか、これらを強くアピールしなければ、いつまで経っても恩を仇で返される日々が続くに違いなからだ。

--------
2006年の記事ですね。益々酷くなってきてます。自らの懐を肥やすこと。日本に侵略国と非難しながら、軍事大国となり、周辺国の領土を奪おうとしている。環境問題などは二の次だから、こういうことになるんです。でも、困った時だけはどっかの国と同じですり寄ってくるんです。ただ、助けるのではなく、日本に影響が及ぶからを第一の目的(国益)として対処するだけ。決してこれで日中関係を良くしたいなどと思ってはいけない。

日中関係を改善し環境保護で協力を!中国の大気汚染を日本はどう見ているのか―英メディア
Record China 2月2日(土)18時52分配信

高成長を続け、ついに日本を上回る国力を手にした中国だが、その代価としての汚染に苦しんでいる。特に今年1月以来、中国では深刻な大気汚染がたびたび観測されている。こうした状況に対し、日本の主流メディア、世論は「人の不幸を喜ぶ」ことはせず、隣国の災難が日本に飛び火する可能性を恐れている。

1月16日夜半から17日にかけ中国が排出した汚染物質が日本上空に到達したことが報じられたほか、山形県の蔵王山では雪の中から黒い物質が見つかったことがニュースとなった。中国から飛来した汚染物質だという。1月30日、31日には大阪府、奈良県などで一時、微小粒子状物質(PM2.5)が基準値を上回る濃度が観測された。
汚染に対する不安が広がる一方で、中国政府を批判する声も高まっている。日本の大手新聞は「中国の大気汚染は成長至上主義の限界を示した」との社説を掲載し、習近平(シー・ジンピン)総書記に環境保護対策が遅れれば遅れるほど大きな代価を支払わなければならないと警告した。
ネット世論を見ると、一部のネット右翼が「汚染は日本由来のものと中国ネットユーザーがデマ」という話題を広めているが、ほとんどのメディアと世論は日中関係を改善し、環境保護協力を強化するべきだと主張している。(翻訳・編集/KT)

殆どのメディアはシナ寄りです。一般世論?さて、誰の事か?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://kkagayaki2.exblog.jp/tb/19733498
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkagayaki2 | 2013-02-03 21:38 | 自然の風景 | Trackback | Comments(0)