大気汚染の影響? 山並み

ニュースでは西日本に影響が及んでいるとのことだが、31日に撮った写真、もやってはいないだろうか?
e0206242_10192193.jpg
e0206242_10192863.jpg

その時はきれいだなぁと単純に思ったのだが。
e0206242_10202343.jpg
e0206242_10203713.jpg
e0206242_10205042.jpg

駅からはこんな感じ
e0206242_1021373.jpg


中国、大気汚染でも〝領空侵犯〟! 有害物質、風で運ばれ近畿にも?2013.2.2 21:43

 中国で深刻化している大気汚染の原因の一つとみられ、車の排ガスや工場の排煙などに含まれる直径2・5マイクロメートル以下の超微粒子物質「PM2・5」が、西からの風で日本に運ばれ、近畿や九州など西日本各地に影響を及ぼしている可能性が出てきた。環境基準を超えて観測される地域が複数確認されており、専門家は呼吸器などに疾患のある人は注意が必要と呼びかけている。

 「PM2・5」は、粒子が小さく気管を通りやすいため肺の奥にまで入り、肺がんやぜんそく、気管支炎などの増加につながると指摘されている。

近畿では1月下旬以降、複数の観測局で1時間ごとの測定値が、基準値(1日平均1立方平方メートルあたり35マイクログラム以下)を超えている。環境省のデータでは、1日も1時間ごとの測定値で、大阪市大正区で63マイクログラム、堺市東区で60マイクログラム、神戸市中央区で41マイクログラムを記録した。大阪府環境保全課は「地域でばらつきはあるが、全体的に数値が上がっている」という。

 富山県・立山で約10年前から、積雪や雨、霧の成分を調査している富山県立大の渡辺幸一准教授は、汚染物質粒子のデータと気象データをあわせて判定することで、有害物質が中国から運ばれてきたことを確認。「特に黄海沿岸の工業地帯から運ばれてきた可能性は高い。シミュレーションでは九州、山陰の日本海側を中心に、近畿から太平洋側にも及んでいる」と話す。

中国などから飛散する大気汚染粒子の拡散予測システムを開発した九州大学の竹村俊彦准教授も「中国からの越境大気汚染の影響は大きい」と話す。

 中国で発生した大気汚染物質は、日本に到着するころには中国都市部の10分の1以下の濃度になるが、冬季は放射冷却で冷たい空気が地上付近にたまり、濃度が高まりやすいとされる。

 竹村准教授は「健康な人に急激な影響はないかもしれないが、呼吸器や循環器系の疾患がある人は注意が必要」と指摘。市販のマスクではPM2・5の粒子が素通りしてしまうので、医療用のマスクを用いるか、外出を控えるなどの対策が有効という。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130202/waf13020221500026-n3.htm
--------
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://kkagayaki2.exblog.jp/tb/19729836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by qunny1130 at 2013-02-03 13:50
こんにちは。湘南のJOHN LENNONです。

本当にやばい状況です。日本人の健康に直結しますし、人類の存亡にも影響してくる話です。中国やインドが西側先進国と同じようなことをすれば、恐ろしい終末が待っていると思います。
こうなったのも日本人自身にも責任があると思います。こうなることを予測していた人々の意見を無視して、経済活動を優先し、無知なシナ人民だけではなく、我々日本人の健康を後回しにした政治家や経営者、そして無知な日本人にも大きな責任があります。

もはや後戻りできないレベルでしょう。
Commented by kkagayaki2 at 2013-02-03 20:44
qunnyさん、コメントありがとうございます。予想できたことですよね。
未だに親シナの政治家、商売人、そして国民もおかしな幻想を抱いています。どうなるんでしょうね。
by kkagayaki2 | 2013-02-03 10:22 | 自然の風景 | Trackback | Comments(2)