一日の空過はやがて一生の空過になる

一日の空過はやがて一生の空過になる。    

金子大栄

e0206242_2104991.jpg



 時は人々に平等に与えられている。その時をどのように有効に使うかはその人による。
 
子どものころ、時はとても長く、流れは遅く感じた。早く大人になりたいと思っていた。
ところが、還暦を過ぎた今、時がとても短く、早く感じる。

老いを迎えて、与えられた時間をどう過ごすかは大事な事柄となってきた。
生涯において、若い時にしなければならないこと、また、年とってしなければならないこともあろう。
 しかし、いずれにしても大切なことは、今何をすべきかを知ることである。 
今できる仕事が見つかった時、人は充実して生きていける。

金子先生は、一日一日が大切であり、今日一日を無駄に過ごすことは。
やがて生涯が空しく過ぎてしまうといわれる。 

東京新聞 今週のことば 中村 薫(同朋大大学院教授)
 
e0206242_2112852.jpg

--------------------------------------------
長い人生、空虚な時を過ごしたことも無駄な時間を過ごしたこともあったが、
今はもう時間がない。ないからこそ、この言葉が胸に突き刺さる。
あっという間の4月ではなく、1月からは充実していたような気がする。
何はともあれ、4月最後の一週間が明日から始まる。
有意義な一週間でありますように。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ

トラックバックURL : http://kkagayaki2.exblog.jp/tb/17834714
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkagayaki2 | 2012-04-22 21:13 | 花 植物 | Trackback