テレビ 映像の力 恐ろしさ

e0206242_11211984.jpg

一応ランキング用のバナーは貼り付けてあるけれども、固定してクリックしてくれる人は少なくて人気はないのです(笑)。ランキングとこちらを訪れる訪問者数は一致していません。
(何がどうなっているのかわかりません。)
取り敢えず、誰かが、一人でも多く目にしてもらえればいいと思っているのです。





e0206242_1124345.jpg

そんなしょうもないブログでも弾けることがあります。一カ月に一回ぐらいかな。
昨日もそうでした。今もちょっと続いています。
ブータンと言う国のことを取り上げました。訪問者数が増えました。もし、ブータン国王ご夫妻の来日が連日テレビで報道されなければ、いくらネットで話題沸騰でもこうはいかないのです。



e0206242_1128642.jpg

チベットのダライ・ラマ法王が来日していても、被災地を訪問されても、シナに配慮どころか、シナを怖がっている現政権(自民党の時もそうでしたけどね)マスゴミですから、ネットの記事、新聞にも小さい記事ぐらいでは、テレビで大々的に報道しない限りは「なかったこと」になるんです。チベット→シナ侵略→今も虐殺も出てきますからね。
そして、映像を目にした日本の国民がチベットのことを知ることができるのです。
そうなるのがまずいので、チベットのことは映像では御法度なのです。





e0206242_11323799.jpg

自民党の議員が国会で民主党の悪事を暴いてくれても、国会中継をしっかり見た人以外は、
夕方のニュースで編成されたものしか見ることが出来ない。
「自民党は何をしているんだ?」「何にもしていないじゃないか?」と言うことになります。
復興法案の大部分は自民党の案であるにも拘わらずです。

こうして、民主党の毎日出る悪事も「なかった」ことになります。
恐ろしい話です。気づいていない人が多いことも恐ろしいことです。
「テレビ」であったことが「真実」で、テレビに出なかったことは「あり得ない、信じられない」ことになります。
もう金曜日、週末。一週間は早い。今週だけでもテレビに出ない出来事は山積みでした。
これからもどんどん出てくることでしょう。また覚醒派とお花畑のギャップはまた大きくなっていくのです。鬱です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://kkagayaki2.exblog.jp/tb/16825722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkagayaki2 | 2011-11-18 12:10 | ひとりごと | Trackback