番組終了後に在日局員からビンタ?画像もネットに流出

e0206242_8472782.jpg


朝一番に花うさぎさんの「世界は腹黒い」を見て呆然としました。

こちらでも記事になっています。
★厳選!韓国情報★+α ノーモア捏造韓流ブーム

寒流を批判すると仕事を干される
寒国の悪いことを言うと(事実)ビンタ(?)される。
あの国の事は一切批判してはならない。称賛だけしろ!

とうとうここまで来ましたね。

一体ここはどこの国ですか?日本じゃないんですか?
知らない日本人が多い中、侵略は着々と進んでいますね。

花うさぎさんのブログから一部引用しました。↓
--------------------------------------------------------------------------------
昨日から2チャンネル等で流れている情報です。詳しくはcoffeeさんが紹介してくれると思いますが、またまたフジテレビ。きっかけは高岡蒼甫氏が「ツイッターの書き込み」でしたが、皆藤愛子さんは“笑っていいとも”の「生番組放送中での発言」です。この発言は打ち合わせなしの本音でしょうね。

そしたら皆藤さんは、番組終了後に在日の局員からビンタを喰らったと書き込まれ、ご丁寧にも証拠写真と思われる「手ぬぐいで頬を抑える皆藤さん」の画像まで公開されています。もし、これが事実なら、フジテレビでは露骨な言論弾圧が堂々と行われているという証拠になるでしょう。またまたきっかけはフジテレビ、話題満載です。
(略)
女子アナの皆藤愛子が「韓国でタクシー乗った時、行先とは違う 暗い方へ連れてかれそうになって怖くて途中で降りた」 って生放送でいっちゃったら在日社員にビンタされてたってさ!!
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org2073224.jpg

1 :わいせつ部隊所属φ ★:2011/09/27(火) 22:17:23.79 ID:???0
9月27日(火)放送のフジテレビ『笑っていいとも』より(12:34頃)

※皆藤=皆藤愛子(27)、中居=中居正広(39)
★皆藤 「外国へ行った時にタクシーに乗ったら、なんか全然違う暗いところへ行っちゃったの で、 ちょっと怖くて、『降ります』と言って降りました。」

中居 「降りますって言っても、でも通じる?何処の国だったの?」

★皆藤 「下ろしてくださいって言ってドアをガチャガチャやったり…」  「それは韓国でした。」

中居 「何処へ連れて行かれそうになったの?」

★皆藤 「なんか暗いところでしたね。雨も降ってたし。」

中居 「ひとり?ひとり?」

★皆藤 「母と二人だったんですけど…」
動画↓
http://www.youtube.com/watch?v=sg5TRz3dEic&feature=player_embedded

・皆藤愛子さんは、強運の持ち主だったのでしょうね。無事でなによ­りです。
しかし実際には、韓国に旅行に行って、強姦(レイプ)された日本­人女性は、多発しています。そして、この事実を伝える義務を要し­ているはずの、マスメディアは隠しつづけ、TV放送局ですら報道­しません。その為、日本人女性の犠牲者(被害者)が後をたちませ­ん。どうか、この事実を知った日本人女性は、安易に韓国旅行する­のだけはよしましょう。出来る事なら、行かないことを強くオスス­メします。

実際に、あなた自身が被害者になってからでは取り返しが付きませ­んよ。
そして不幸にも、被害者となってしまった日本人女性達の無念さを­知って下さい。
そして、怒って下さい。日本のマスメディアと韓国人に!

-------------------------------------------------------------------------------------------
あの国の実態を知っていたら、とてもじゃないけれど寒流だか何だか知らないけれど、見るわけがない。知れば知るほど嫌いになる国なんですよ。日本人にとっては「関心がない」か
「ちょっと嫌な感じ」が実態を知れば嫌韓になる。
それを無理やり「素晴らしいだろう、素晴らしいだろう」と押し付けてくる、特にフジテレビは露骨すぎと言うか、もはや在日スタッフが権力を握っているのだと思う。
いやはや、次から次へと出るわ出るわですね。

侵略されていると言えば、金閣寺。
これが日本人向けのパンフレットだそうです。
e0206242_99356.jpg
e0206242_993866.jpg
e0206242_9101262.jpg
e0206242_9104815.jpg


寒国とシナからの観光客が多いのなら、独立してつくったらどうなんでしょうか。
ロンドンではどこの観光地にも各国別のパンフレットが置いてありましたよ。
これでは日本は「寒国とシナと日本が共生している国」みたいじゃないですか。

そよ風さんのブログをご覧ください。

数年ぶりに金閣寺を訪れました。

日頃、低俗な上に侵略の匂いのする他国流を押し付けられて

辟易としている今だからこそ、1300年以上の古都で

日本文化の素晴らしさを確認する旅にしたいと、

一行の胸は高鳴りました。

ところが、金閣寺(鹿苑寺)に足を踏み入れた頃から

「何、この違和感、なんか変!」と誰もが思い始めました。

そして事件は起きたのです。

受付に並んでいると、窓口の中から入場券とパンフレットを

ポンポンと放り投げるように出しているではありませんか。

いくら混んでいるにしても礼儀を知らないなー等と

思ってはいましたが私達の番になって理由は判明しました。

窓口の中から、作務衣を着ているお坊さんのような人が

「差別だ!差別するんじゃない!」と怒鳴り声をあげていたのです。

どうやら、私達の仲間の先頭の一人がパンフレットについて質問をしたところ、

いきなりプッツンしてしまったらしいのです。

彼女は「これ日本人用のパンフレットでしょうか。

ハングルは別に出来ないんですか?」

と単純に聞いただけだったのですが。

皆様、この質問のどこがどう、差別だと思いますか?

さっそくパンフレットを見てみると、ギョエーッ!

表紙の「金閣寺」の日本語標示の上にハングル文字が

まるで上位を誇示するかのようにデカデカと

居座っているではありませんか。

説明文も日本語見出しと同じ大きさでいちいちハングルが入り、

紙面の半分を割いてハングルの説明が入っています。

日本人にとっては実に読みづらいのです。

他の神社仏閣では各国用パンフレットが別に用意されています。

金閣寺のものは明らかにハングルが日本語と同等に扱われ、

ハングルが日本語を席巻するかのような印象があるのです。

これは観光客の割合からしてもおかしなことで、

例え韓国朝鮮人が多いとしても別に作ればよいだけの事です。

あたかも日本で朝鮮語が普通に流通しているような工作としか思えません。

一行の誰もが、「差別だ!」の受付発言とこのパンフレットで

「金閣寺までもが韓国に占領された」

という怒りと、失望で一杯になり

観光どころではなくなってしまいました。

私達が最初から感じていた違和感と受付の対応はピタリと一致。

金閣寺は修学旅行生や外国人でごった返していましたが

鐘は一突き「200円」をとるなど商魂も見え見えで、

静寂な日本文化においてこそ絶妙に映える金色の建物が

寺とは名ばかり、精神性など皆無の観光地のように見えて

どこぞの国に媚びたような下品で安っぽいパンフレットを

配布して恥じないどころか受付の者が「差別だ!」と

横柄に政治的主張をする寺に変わり果てていたのです。

帰って検索したところ臨済宗の研修会の講師に

洗 建氏という、反原発、反靖国、猛烈小沢氏支持者で

ツイッターで盛んに民主党支持を煽り

福島瑞穂氏も賛同コメントしている御仁がおられました。

http://www.shokoku-ji.jp/a_study_book.html

日本人は古都の観光を楽しむ中にも

部落解放同盟に屈した京都西本願寺を初めこういった反日思想を持った寺に

少しずつ日本解体の種を植え込まれていくのだと

改めて愕然としました。

もちろん、帰ったらさっそく抗議しようと誓いあいました。

---------------------------------------------------------------------------------------
e0206242_9224571.jpg
e0206242_9232857.jpg

こちらもそよ風さんからの画像ですが、あの国の人間はどこに行っても政治活動をしています。
修学旅行で日本に来てもこの通り。逆に日本の高校生が修学旅行に行って、あの国の観光地で
「竹島は日本の領土だ」と書いた横断幕を持ったら、日本と違って袋叩きに合うことでしょう。今まで見て見ぬふりをしていましたが、こういうことも抗議したほうがいいと思います。
「観光でお金を落としてくれれば何をされてもいい」という日本はおかしいのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://kkagayaki2.exblog.jp/tb/15621680
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkagayaki2 | 2011-09-28 09:41 | 日本は侵略されている | Trackback