羽村堰の桜 その2


駅方面からの入り口付近の桜
川の片側は既に散っていた

歩道橋の上から
e0206242_17255583.jpg




e0206242_17262592.jpg




e0206242_17265658.jpg




e0206242_17272499.jpg




e0206242_17275073.jpg





特別出演
e0206242_1729142.jpg




e0206242_17301070.jpg




羽村堰の桜 4月14日撮影




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://kkagayaki2.exblog.jp/tb/14628525
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by lilia109 at 2011-04-18 18:19
福島の避難地域の残されたペットのことを思うと、胸が張り裂けそうです。
室内で飼われていた子らは、もちろん餓死、、そして共食いも発生中。
あのイタリア人女性には、敬意を表したい。
わたくしがお世話になっている都内在住のネコボラさん2名も、20キロ圏内に入り、犬猫30頭くらいを保護して帰京しましたヨ。
わたくしも、フードなどの寄付をしました。
彼女達曰く、「時間が無かった」そうです。
その前に、色々な手続きもあったそうで、、、。

しかし、、、もちろん生きるか死ぬかの瀬戸際だったということは承知の上ですが、、ボランテイアが入っているのに、どうして飼い主は決死の覚悟で、ペットを救おうとしないの?
してるとしたら申し訳無いです。
すぐ戻れると言われ、、しょうがなく置いて来たかもしれませんが、、、わたくしなら、、ヒナを置いて出て行くって出来ません。
行政は「民家からペットの鳴き声が聞こえたが、勝手に人んちに入って、所有物に手を出すことは犯罪になる」とか言い訳してましたね!
面倒くさいだけですよ!!
国会議員は何をしているのでしょうか!
動物愛護者からの声は届いているはずですよ!
Commented by kkagayaki2 at 2011-04-18 19:04
liliaさん、
コメントありがとうございます。人間が先とはいえ、残念です。想像以上に悲惨な結果ですね。ペットは家族の一員ではないですね。家族なら病気でも年老いても連れて行くでしょうね。少なくとも津波で逃げた人でペット連れの人は肩身の狭い思いをしながらも避難所で暮らしています。避難所に入れなかったら外へ、それでも駄目ならそこで動物愛護団体に救助を求めます。少なくとも置いてはこなかったですからね。そちらへお邪魔します。
by kkagayaki2 | 2011-04-18 17:30 | 花 植物 | Trackback | Comments(2)