しあわせブログを読んで感じたこと

比較的最近見つけたブログが面白くて、過去ログ約二年間読みこんでしまった。
写真中心、人をほのぼのとさせるだけでなく、ホロっとさせる記事もあり、
泣いたり笑ったり、ほぼ24時間自分の生活形態まで掲載しているブログも珍しいかもしれない。
久しぶりに暗い世相と不安な日本を憂うことから逃れて、

本当に楽しかった。充実した時間だった。

毎年、毎年、訪れる有名無名の公園や場所。食べ歩きなどなど。
楽しいブログは人気が出る。暗い、政治の話などの難しい(?)話題は避けられるのだ。
こんなブログにしたいなと本気で思ったりもした。

e0206242_13131796.jpg


普通のブログは自分の生活の一部分を切り取って見せるだけのものが多い。
それが、写真の趣味だったり。それ以外の生活の部分は誰にもわからないし、
よっぽど興味を持つ人以外はこだわらないだろうし、あっても想像の世界なので
24時間生活を写真付きで見せている人は本当に珍しいこと。

政治ブロガーで私生活をさらけ出す人は少ない。あっても簡単なもの。
政治ブログもどきをしている時に多分、〇日だと思うけど、シツコクシツコクコメントで
追いかけられ、何とそのブロガーの住んでいる地域から無言電話が何度もかかってきて、
恐ろしい思いをしたことがある。(他に知り合いもいないので多分この人)
直ちに警視庁のIT犯罪担当に届け出、受理してもらった経験がある。
警察に通報しましたと記事に載せたとたん、嫌がらせは終わった。

それ以来、住んでいる場所も家族構成も生活も抽象的な表現にしている。
政治的、外国人問題に拘わるほど、この日本では、私のように普通の市井の人間で
記事もどきの記事のようなものでも、攻撃を受けたりするのだ。怖い国だ。

二年間の過去ログを読み終えて、とにかく、毎日「幸せです」の二年間、私は何を
していただろう?
護国活動→デモ→街宣→これの繰り返しである。

こんなことをしている我々は特殊なんだろうか?
毎日の生活が幸せで、少しの不満はあるものの、毎年「来年はどこへ行こうか?」
「どんな楽しみをつくろうか?」と考えている人たちに、

「今日本はシナ・朝鮮人に乗っとられる!」
「シナ人が人口侵略してきますよ」

って言ったところで

「はぁ?????????????」なのではないか?

そして、同じような感覚の人は国民の9割ぐらいではないのか?

格差社会だ、日本は不景気だと言ったところで、
毎日幸せであり、不満なく暮らせいていけるし、
毎年、花は咲くし、いろんな国際大会は開催されるし、これで
「日本が大変だ!大変だ!」なんて言えるだろうか?

冷笑されるか、引かれるだけである。(;一_一)

残りの一割が事実を知ったおかげで眠れない毎日を過ごしているし、
歴史上で日本最大の危機が訪れているのが今現在であり、じわじわじわじわ
危機が進行しているのだ。それは、決して大げさなことではないのだ。

幸せを感じてこのまま一生を送れればいい層と
知ってしまった人の層のギャップは広がるばかり。

が、やはりこのままではいけない。

この幸せブロガーさんは選挙に行くことはあるのだろうか?
全部をあからさまにしてはいなくても政治や日本に対しての心配が入る
隙間はないように見えた。

自分の生活に支障をきたすぐらいになれば、それがもっと多くならないと、
エジプトみたいには動かないのだ。

e0206242_13364417.jpg



続く










ぽちっとお願い致します。(*^_^*)
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
トラックバックURL : http://kkagayaki2.exblog.jp/tb/14142544
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkagayaki2 | 2011-02-06 13:36 | ひとりごと | Trackback