本日の反中デモ

【緊急拡散依頼】JSN■10・24尖閣諸島への自衛隊配備の要請

■10・24尖閣諸島への自衛隊配備の要請は「感謝」と「応援」のシュプレヒコールで!

沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク
2010年10月22日 02時28分41秒 | 日記

10月24日が迫ってまいりました。朝7時15分集合は、驚かれたことと思います。
時間が早くなったのには、理由があります。
それは当日、自衛隊の中央観閲式が朝霞駐屯地で開催されるからです。
この日は、駐屯地近辺の警備が最も厳重に行われる日だからです。
中央と名がつくのは、陸海空の合同の観閲式だからです。
中央観閲式は、陸海空自衛隊で持ち回り、朝霞駐屯地で行われるのは3年に1回です。
つまり、3年間で最も警備が厳重な日にデモを行うわけです。
あえて、この日を選んだのは、

沖縄からの「自衛隊緊急配備」を求める声

を届けるには、最も相応しい場所だと考えたからです。

デモを開催するにあたり、埼玉県警の皆様には大変お世話になりました。
コースの下見をするのにも、10名程が付き合ってくださいました。
警察の方が言うには、観閲式の日に保守系の市民団体が自衛隊応援のデモを行うのは、
初めてとの事です。
調整窓口になっている警察官の方には、このように言われました。

「街宣車による車両デモは毎回行われいるが、保守系一般市民による徒歩デモは、今回が
初めてであり、歴史に残る画期的な事です。たとえ、参加者が100人だったとしても
警察の記録には、このようなデモを始めたのは、みなさまだとしっかり残りますから、
誇りに思っていいと思います。」
どうやったら、自衛隊を動かすことができるか、沖縄の左翼の声を打ち消すことができるか
という事で頭がいっぱいになってしまっている私には、想像もしなかった言葉で、本当にう
れしい限りでした。
是非、このような歴史的瞬間のデモに100名といわず、1000人でも2000人でも、

できるだけ多くの方にご参加いただければと思います。

直前になってしまいましたが、今回、ご参加を検討されている、皆様にもう少し趣旨をお伝
えしたいと思います。
まず、お伝えしたい事は、今回のデモは、抗議デモでは無いという事です。
日本政府や中国共産党や人民解放軍に対する抗議のデモも当然必要ですが、朝霞駐屯地付近で行う
今回のデモは、自衛隊、自衛官に対する「感謝」と「応援」のデモだという事です。

今の尖閣危機は、戦後65年の平和ボケのつけが回ってきて、日本には大きな変革を求めれれている
瞬間だと思います。それは、明治維新の時と全く同じです。
そして、最も大きな変革が求めれているのが他ならぬ「自衛隊」です。
「戦争をしない自衛隊」から、「命をかけて祖国を守る自衛隊」に変革が求めれているのです。

今、多くの国民が危機に目覚めて行動を開始しています。
そして私たちは、平気で「政府は毅然とした態度で国を守れ!」といいます。
しかし、実際に守るのは、声をあげた国民でもなく、政治家でもなく、実際の国防の任務につく自衛官なのです。
結局、日本を守るためには、自衛官が命をかけて戦わなければならないのです。

自衛官一人ひとりは、いざとなったら命をかけて任務につく覚悟はできています

しかし、憲法や法律が整備されていないため、具体的な有事の際の想定ができず、本当の覚悟が
できていないというのが実情だと思います。
つまり、国を守るためには、私たち国民は、自衛官に本当の覚悟をお願いするしか方法がないのです。
その時に、私たちが忘れてはならないのは、自衛官一人ひとりにも家族がいるという事です。
妻がおり、幼い子供がいる隊員もいるのです。
また、入隊する時には、「まさか戦争にいく事になるとは思っていなかった。」という隊員が
ほとんどだと思います。

結婚した妻も、「まさか主人が紛争地に行くとは思わなかった。」ときっと言うと思います。
そのような家族の心に思いを馳せたならば、10月24日の「自衛隊緊急配備を求める」デモの
シュプレヒコールは、「感謝」と「応援」に溢れたものであるべきだと思います。
ご参加いただく方は、そのような思いを胸に秘めてご参加いただければ、幸いです。
(JSN代表 仲村)


当日配布予定の資料ができあがりました。

請願国民集会には、西村幸祐先生がご登壇予定です。

集会は、デモ参加者が優先となります。

◎開催日時:平成22年10月24日(日) 集合:07:15

◎集合場所:せせらぎ公園

(東武東上線和光市駅南口を出て左折線路沿いに300m)

◎行進経路:朝霞駐屯地朝霞門へ向けて行進します。

尖閣諸島への自衛隊配備の要請は「感謝」と「応援」のシュプレヒコールで!

<シュプレヒコール(案)>
・尖閣諸島は、日本の領土だー!(領土だー!)
・琉球独立運動は中国の工作だー!(工作だー!)
・中国共産党は嘘を教えるなー!(教えるなー!)
・自衛隊の指揮官である国会議員は、国防の使命を果たせー(果たせー!)
・日本を守る自衛隊の皆様、ありがとうー!(ありがとうー!)


・尖閣・沖縄へ自衛隊を緊急配備せよー!(配備せよー!)
・日本政府は、防衛費を増額せよー!(増額せよー)
・自衛官の福利厚生・待遇を改善せよー!(改善せよー!)
・日本を守る自衛隊の皆様、ありがとうー!(ありがとうー!)


・命をかける自衛官を法律で縛るなー!(法律で縛るなー!)
・有事に備えて法律を整備せよー!(整備せよー!)
・憲法9条で、自衛官の命を危険にさらすなー!(危険に、さらすなー!)

・日本を守る自衛隊の皆様、ありがとうー!(ありがとうー!)
・日本国民一致団結して尖閣諸島を守るぞー!(守るぞー!)
・日本国民一致団結して沖縄を守るぞー!(守るぞー!)
・日本国民一致団結して日本を守るぞー!(守るぞー!)
・日本を守る自衛隊の皆様、ありがとうー!(ありがとうー!)

主催:沖縄をシナの侵略から守る全国1000人防衛委員会

共催:在日米軍基地ネットワークユニオン / 沖縄と共に「自立国家日本」を再建する草の根ネットワーク

協賛: SNS-Free Japan / 在日特権を許さない市民の会 埼玉支部/花紋・愛国女性(女性部 )/
    日本会議埼玉 / 埼玉ビジョンの会 / 市民サポーターズ /全国愛書家連盟 / 福岡修学院

後援:日本会議宜野湾支部






10・24中国の侵略から日本を守れ!怒りのデモ行進 in 北海道

尖閣は日本固有の領土!犯罪シナ人を許さない!北海道観光インバウンド特区は必要ない! 尖閣諸島は我が国固有の領土です!シナ人犯罪者を野放しにする政府に断固抗議すると共に即刻証拠ビデオの公開を要望します!そして、北海道観光振興機構が「北海道観光インバウンド特区」というシナ人を大量に流入させる愚策を政府に提案しています。北海道の治安と経済を悪化させるようなふざけた提案に断固反対します!

 ここ札幌では、保守系のデモは毎回50名前後であります。寂しい限りではありますが、左が強い北海道であるが故に数は少なくてもこの流れを止めてはならず、覚醒した道民もいるのだということを全国に見せなければなりません!

【日時】
平成22年10月24日 13:00~16:00
街頭活動  13:00~14:15
デモ    14:30~15:30
後集会   15:30~16:00

【場所】
街頭活動  札幌市中央区大通西3丁目
デモ出発地 札幌市中央区大通西4丁目
デモ到着地 札幌市中央区大通西8丁目
後集会   札幌市中央区大通西8丁目 大通西8丁目広場

【コース】
約2kmのコースです

【主催】
在日特権を許さない市民の会 北海道支部

【協賛】
俊傑憂憤の集い
そよ風北海道
日本シルクロード科学倶楽部
真広島長崎平和集会千人委員会
維新政党・新風北海道本部

【後援】
NPO法人 日本領土領海戦略会議

※活動方針・内容・手法・思想何れをとっても団体毎に違います。しかし、国難に当り「小異を捨て大同につく」ことを選択された協賛・後援団体の皆様に深く敬意を表すると共に心より感謝致します。

【現場責任者】
藤田正論(在特会副会長/北海道支部長)

【ニコ生】
http://live.nicovideo.jp/watch/lv29761886

【問合せ】
北海道支部メール
zaitokuhokkidou@gmail.com

【注意】
当日は撮影が有りますので各自対応願います。
日章旗、手作りプラカードなど大歓迎。

 24日まで、衆院北海道5区、並びに市議厚別区補選中です。中央区は関係ありませんが、選挙期間中は、彼等は法律によって守られております。選挙活動を妨害するような言動は、公職選挙法に抵触する恐れがありますので禁止致します。

-------------------------------------------------------------------------------------------
昨日 香川県高松市で「頑張れ日本!」主催のデモが行われました。
400名の方が参加したそうです。

和光市のデモの集合時間は7:15分。
行く気であれば今頃は電車の中のはず。(あ、既に集合時間ですね。)
腰痛は少し治ったものの、足全体の痛みはまだありますので断念しました。

在特会主催のデモに関しては、「頑張れ日本!」が粛々と品のあるデモを目指している関係上、その主催者、参加した人たちからは批判も多いですが、直接、反日勢力に立ち向かっているのに、品がいいもなにもないだろうと。それぞれの形で日本を守る行動をすればいいのであって、潰し合う必要はないと思うのです。

尖閣諸島の問題やなんやらでシナの本性が露わになったにも関わらず、未だにお花畑、平和ボケの人たちが80%以上、でも、今日本は内から外からシナ、朝鮮を始めとする反日外国人勢力に攻められている状態です。
謂わば戦争状態と言っても過言ではありません。

どの団体も今の日本にとっては必要。
どちらも支持致します。
トラックバックURL : http://kkagayaki2.exblog.jp/tb/13489413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by kkagayaki2 | 2010-10-24 07:14 | テレビが報道しないこと | Trackback